木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のタレント、ファッションモデルである。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。 中華料理屋を営む家に、3人姉妹の三女として生まれた。
28キロバイト (3,654 語) - 2020年7月1日 (水) 07:22



(出典 img.jisin.jp)


どうですかねー

1 斑(大阪府) [KR] :2020/07/01(水) 18:14:20.21


木下優樹菜、芸能活動再開を発表 謝罪とファンに感謝「私らしく頑張っていきたい」


 昨年11月18日に芸能活動自粛を発表していたタレントの木下優樹菜(32)が1日、所属事務所・プラチナムプロダクションを通じて活動を再開することを発表した。


 所属事務所は書面を通じて「木下優樹菜は、昨年11月18日付けで一切の芸能活動を自粛しておりましたが、
本日7月1日をもって、芸能活動を再開させていただくこととなりました」と報告。
「改めまして、多大なるご迷惑をおかけしたお相手の方、全ての関係者の皆様、そしてファンの皆様に対し、
所属事務所として深くお詫び申し上げます」と、改めて謝罪。

 木下については「一般の方に対し極めて不適切かつ失礼な言動をしてしまったことを心より反省しております」
と伝え「弊社も、木下優樹菜と協議を重ね、同人に対し、社会人として、そしてタレントとして常に自覚をもった行動を行い、
絶対に周囲の方にご迷惑をおかけすることのないよう、再三にわたり厳しく指導して参りました」と、再開に至るまでの経緯をつづった。

 続けて「木下優樹菜とも、復帰について厳しいご意見があることは真摯に受け止めており、
一度失った信頼を回復することが容易ではないことも重々承知しておりますが、
今後二度とこのような事態を起こさないことはもちろんのこと、失われた信頼の回復のため、
全力で努力して参りますので、どうかご理解をいただけますと幸甚です」とした。

 また、木下もコメントを発表。「この度は社会人として芸能人として私自身の自覚や配慮が足りず、
関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ございませんでした」と改めて謝罪。

 「不快な気持ちにさせてしまった皆様、本当にすみませんでした。芸能活動自粛中、
沢山のご意見をいただき色んな事を考え、自分自身を見つめ直し反省する日々を過ごしてきました」と記し
「今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています」と決意を新たにしている。

 木下においては、昨年、実姉が勤務していたタピオカ店の経営者に対し、
脅しまがいのダイレクトメッセージを送っていたことが判明し、ネットを中心に炎上。
同年10月9日にはインスタグラムを通じて謝罪していたが、11月18日に事務所を通じて
「自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました」と発表した。


【「復帰」恫喝タピオカミルクティーこと木下優樹菜 しれっと芸能活動再開を発表 事務所総出】の続きを読む