宮城 まり子(みやぎ まりこ、本名:本目 眞理子(ほんめ まりこ)、1927年3月21日 - 2020年3月21日)は、日本の歌手・女優・映画監督・福祉事業家。東京都名誉都民。 東京府東京市蒲田区(現:東京都大田区)に2人姉弟の姉として生まれ、幼くして母と死別するつらい少女時代を送った。父親の仕事の
14キロバイト (1,496 語) - 2020年3月23日 (月) 02:05



(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


勇気と希望をありがとう!

1 朝一から閉店までφ ★ :2020/03/23(月) 04:33:58 ID:5q79KJDz9.net

毎日新聞2020年3月23日 03時11分(最終更新 3月23日 04時26分)

 日本で初めての肢体不自由児の養護施設「ねむの木学園」を運営してきた女優、宮城まり子(みやぎ・まりこ、本名・本目真理子=ほんめ・まりこ)さんが21日、死去した。93歳。自宅は東京都世田谷区上野毛3の22の5。

 東京都出身。1955年に「ガード下の靴みがき」で歌手デビューした。その後、ミュージカル女優などとしても活躍し、テレビドラマ「てんてん娘」や映画「オンボロ人生」で地位を築いた。

 脳性まひの子の役を演じたことなどから障害児教育への関心を高め、68年に私財を投じて「ねむの木学園」を静岡県浜岡町(現御前崎市)に開いた。74年、障害のある子どもたちとの日々を描いた記録映画「ねむの木の詩」を製作・監督して反響を呼んだ。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://mainichi.jp/articles/20200323/k00/00m/040/004000c


【【訃報】お疲れ様でした。女優、宮城まり子さん死去 93歳 養護施設「ねむの木学園」運営 2020/03/23】の続きを読む