ニュース満腹食堂

いろんなジャンルの最新ニュースを掲載します。

    カテゴリ: ピエール瀧


    ピエール瀧ピエール たき、Pierre Taki、本名: 正則〈たき まさのり〉、1967年4月8日 - )は、日本のミュージシャン、マルチタレント、俳優、声優。テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型AB型。 2019年の1年間限定で、電気グルーヴの活動においての芸名をウ
    61キロバイト (7,543 語) - 2020年2月3日 (月) 11:41



    (出典 hochi.news)


    まー甘いと言えば、その通りかなー
    復帰できる人と、できない人の差が
    わからない

    1 Egg ★ :2020/02/03(月) 09:46:18 ID:UfgiOCTe9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    昨年3月に*取締法違反容疑で逮捕、6月に東京地裁で懲役1年6月執行猶予3年の判決を受けたピエール瀧に、一部スポーツ紙で来年公開の映画で2月下旬にも仕事復帰すると報じられ、ネット上には賛否の意見が躍っている。昨年は沢尻エリカや田口淳之介ら薬物事件が相次いだ芸能界。沢尻被告も1月31日の初公判で公訴事実を認め即日結審、6日に判決が下される。公判で沢尻被告は女優復帰について「考えていない」「復帰を語る資格はないと思っている」としたが、水面下では復帰に向けての準備が進められているとの報道も一部出ている。こうした事件の際に必ず出てくるのが「芸能界は甘いのではないか」という指摘だ。

    ネットに躍る賛否 芸能人の影響力の大きさ

     ピエール瀧の復帰報道が出るとネット上には「いくらなんでも甘すぎる」「芸能人はすぐ復帰できていいよな」「社会復帰はいいけど、せめて執行猶予期間中は芸能界には復帰しないで欲しい」などと否定的な意見が続出。その一方で「法律が許しているのだから復帰できるのは当然。他人がどうこう言うことではない。むしろ仕事をちゃんとさせたほうが周囲も安心では」といった復帰について肯定的な意見もけっして少なくはない。

     「芸能人の場合は一般人と違って世間への影響力が大きいので、その分責任も重いと捉えられます。未成年層に対しても模範とならなければいけないところを、逆に悪い例を示してしまった。その芸能人が短期間で復帰するということには抵抗を感じる人も多いでしょうし、否定的意見が出るのはわかります。ただ、犯罪の内容でもその辺は大きく左右されますよ。けっして薬物が軽い罪だという意味ではありませんが、たとえば性犯罪については世間の見方も芸能界の見方もより厳しくなる傾向にあると思います」と話すのは、民放放送局の50代男性スタッフ。

    芸能人ならでは? 復帰せざるを得ない事情も

     その反面、芸能人ゆえに早期に復帰せざるを得ない事情もあるという。

     「損害賠償などのペナルティーはもちろんですが、周囲にも迷惑をかけていますから、本人に早く仕事復帰してもらわないと困るという人たちも一定数いるわけなんですね。芸能界でずっと生きてきた人間が、他の仕事でなかなか同じようには稼げません。償うためにもむしろ芸能の仕事に早期復帰させることが現実的なんです。実際に本人的にはもう世間に顔をさらすのも辛いと真剣に引退を考えたんだけどもそういった事情で復帰を急がなければならなかった、というケースもあります」とは、芸能プロダクションの50代男性マネージャー。

     ネット上の意見も、「何が何でも芸能界に復帰させるな」という声は少数で、否定的意見の多くが「復帰が早すぎる」という復帰時期に対する違和感をうったえる声が目立つ。復帰させる側も、早期の復帰となるとそれだけ世論の反発も強くなるのは覚悟の上でのことなのだろう。近年は芸能界もスポンサー筋を含めコンプライアンス意識が高くなってきており、こうした事例についても徐々に変わってくる可能性もありそうだが、芸能人という職業ならでは、勘案すべきことも多いのかもしれない。

    2/3(月) 9:39 THE PAGES
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00010000-wordleaf-ent


    【【芸能】損害賠償も❗️<ピエール瀧に復帰報道> 芸能界は甘いのか?ネットに躍る賛否 芸能人の影響力の大きさ】の続きを読む


    ピエール瀧ピエール たき、Pierre Taki、本名: 正則〈たき まさのり〉、1967年4月8日 - )は、日本のミュージシャン、マルチタレント、俳優、声優。テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型AB型。 2019年の1年間限定で、電気グルーヴの活動においての芸名をウ
    61キロバイト (7,543 語) - 2020年2月3日 (月) 11:41



    (出典 pbs.twimg.com)


    ピエール瀧!復活!

    1 47の素敵な(SB-Android) (初段) :2020/02/03(月) 11:35:44 .net

    ピエール瀧、2月下旬に仕事復帰 来年公開映画「ゾッキ」出演(スポニチアネックス)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00000003-spnannex-ent.view-000

     コカインを摂取したとして昨年6月に*取締法違反罪で有罪判決を受け執行猶予中のテクノバンド「電気グルーヴ」のピエール瀧(52)が、今月下旬に俳優業を再開させることが2日、分かった。
    竹中直人(63)、山田孝之(36)、斎藤工(38)の3人が監督する映画「ゾッキ」(来年公開)の撮影に参加する。
    昨年3月の逮捕から11カ月ぶりの芸能界復帰となる。

     同作は漫画家大橋裕之氏の初期短編集「ゾッキA」「ゾッキB」が原作。
    風変わりな人々の日常をシュールに描いた短編をまとめたもので、その一部を基に長編の脚本を製作。
    大橋氏の出身地である愛知県蒲郡市で全編を撮影予定で、今週中にクランクインする。

     ピエールが演じるのは漁師の定男。原作では別の漁師が「定男がシャバに出てくるってよ」と話題に挙げる場面で名前のみ登場している。
    ピエールの出演シーンは今月下旬に撮影予定で、これが俳優復帰となる。

     ピエールは昨年6月に懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。
    初公判では薬物使用の理由を「ストレス解消のため」と説明。
    精神的に追い詰められた原因を、役者業の仕事で多忙になったためとしていた。
    関係者は「それでも俳優復帰を待っている映画関係者は多く、今回も周囲に請われて出演を決断したと聞いている」と話した。

     復帰を後押しした一人が、監督でありプロデューサーにも名を連ねる山田だ。
    13年の主演映画「凶悪」でピエールと共演。
    死刑囚を演じたピエールの演技は高く評価され俳優としての地位を確立する作品の一つとなった。
    山田が主演した昨年公開のネットフリックスドラマ「全裸監督」にも出演しており役者として大きな信頼を寄せている。

     竹中と斎藤もピエールの逮捕で一時は公開が危ぶまれた映画「麻雀放浪記2020」(昨年4月公開)などで共演している。
    映画関係者は「監督の3人もピエールの演技を楽しみにしている。薬物で失敗したが、本人は猛省している。良い形で仕事を再開してほしいと願っているそうです」と話している。 VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:1000:512: EXT was configured


    【「映画」今日、撮影現場目撃❗️来年公開映画「ゾッキ」】の続きを読む

    このページのトップヘ