ニュース満腹食堂

いろんなジャンルの最新ニュースを掲載します。

    カテゴリ: 米津玄師


    works」「WORLD'S END UMBRELLA」「ワンダーランドと羊の歌」「恋と病熱(米津玄師名義)」「砂の惑星」映像を手がけていた。米津玄師として活動を開始してからは、大半の映像は別の映像作家が手がけるのが主流となっている。 米津は音楽活動と並行してイラストレーターとしても活動している。自身のジャケットワ
    87キロバイト (9,534 語) - 2020年1月4日 (土) 11:10



    (出典 nensyu.site)


    そうだったんだね。

    1 牛丼 ★ :2020/01/14(火) 21:53:54 ID:P9BKVzYu9.net

    『Lemon』がさまざまな記録を樹立したことへの感謝の意味を込め、昨年12月に2週間限定で渋谷駅ハチ公口に看板が掲出された

    『DAM年間ランキング』歌手別1位など、ランキングで33冠を達成。『紅白歌合戦』では、菅田将暉『まちがいさがし』、嵐『カイト』など楽曲提供した曲が3曲も披露されるなど、2019年は“米津玄師イヤー”となった。なぜ彼は短期間でこれだけの偉業を成し遂げることができたのか。関係者たちの証言で振り返る──。

    この世に誕生した瞬間からビッグだった
     代表曲の『Lemon』は、'18年の発売ながら、昨年の多くのチャートで1位を獲得。ライフスタイルの変化や音楽の多様化が進んだことで、国民的ヒットが生まれづらくなった昨今の音楽業界において、ここまで世代を超えて愛されるのは稀有(けう)だろう。

     今や彼の楽曲や名前を聞かない日はないほど、日本を代表する歌手へと成長した米津玄師(よねづけんし)。彼の原点は、四国の徳島県にあった──。

    ◆    ◆    ◆

     県庁所在地がある徳島市で'91年に誕生した米津。生まれたときは4500グラムもあったそうで、この世に誕生した瞬間からビッグだった。

     川と海に囲まれた自然豊かな町で育ったが、過去の音楽誌のインタビューによると、《今になって思い返してみると、精神的にも肉体的にも貧しい家庭だった》と語っている。母親はチラシを作る内職をしており、決して恵まれた家庭環境ではなかったようだ。

    「特徴的な名前もあって、子ども時代はいじめられることも多かったみたいです。あと幼稚園のときだったかな? 遊んでいたときに人とぶつかってしまい、大出血するほど唇を大ケガして、病院に運ばれたことがありました」(実家の近所に住む住民)

     現在も唇が少し腫れているように見えるのは、その名残のようだ。この出来事は音楽誌のインタビューでも、《汚いものを見るような感じで受け入れられて(中略)自分が怪獣のようなものになってしまったんだなという感覚があったなあと思いますね》と独特な表現で振り返っている。

    続きまーす
    https://www.jprime.jp/articles/-/16974?display=b


    【【芸能】いじめ❓米津玄師、自閉症に苦しむも確かに見せつけていた“大物の片鱗”】の続きを読む


    白石 麻衣(しらいし まい、1992年8月20日 - )は、日本のアイドル、女優、ファッションモデルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー、『LARME』の元レギュラーモデル、『Ray』の元専属モデルである。群馬県出身。身長162 cm。血液型はA型。愛称は、まいやん。3サイズはバスト8
    88キロバイト (12,135 語) - 2020年1月10日 (金) 10:35



    (出典 grapee.jp)


    凄いよ!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/08(水) 15:39:25 ID:Gqib2cfs9.net

    まさかのタッグがある!? 人気アイドルグループ「乃木坂46」の“絶対的エース”白石麻衣(27)が6日、スポーツ各紙の取材に応じ、グループからの卒業を発表した。
    こうなると注目は卒業後の進路だ。モデル業界を席巻する乃木坂46の先駆者として知られる白石だけに、モデルを中心に女優など幅広く活躍が予想される中、ソロ歌手としてデビューすることも視野にあるという。
    そしてなんと人気絶頂のシンガー・ソングライター・米津玄師(28)プロデュースの可能性が十分にあるというから驚きだ――。

    記者陣の前に姿を見せた白石は「お忙しい中、お集まりいただきありがとうございます」と頭を下げた後、「3月25日の25枚目シングルをもちまして、乃木坂46から卒業することを決めました。
    時期は今後、事務所の方とかと相談して決めていくと思うので、また随時お知らせできたらと思います」と報告した。

    卒業理由については、「乃木坂はすごく居心地が良くてそこに甘えてしまう自分もいた。でも、それだけじゃ成長できないし、乃木坂に頼らず個人の道で成長していかないと」と明かした。

    昨年暮れの日本レコード大賞3連覇こそ逃したものの、今や女性アイドルグループの頂点に立つ乃木坂46。エースの白石は今月1日、2017年2月発売のセカンド写真集「パスポート」が27度目の重版。
    累計発行部数は38万部を突破した。約3年もの間、異例のロングセラーとなっている。大ヒットを飛ばし続ける「坂道シリーズ」メンバーの写真集の中でもこれはトップの数字だ。

    もちろん、卒業後も芸能活動を続ける。女優としても映画やドラマに出演してきたが「今まで乃木坂でしてきたお仕事を中心に。
    お芝居も挑戦していきたいし、ファッション誌などモデルは変わらず続けていきたい」と語った後、白石は「機会があれば…音楽にもちょっとだけ携わっていけたら」と照れながら、歌手を続けたい意向も表明した。

    確かに白石はソロ曲「オフショアガール」を歌ってきた。だが、元乃木坂・西野七瀬が6曲ものソロ曲を持っていたのと比べると、ソロで歌うイメージはなかっただけに、ファンにとっても意外かもしれない。

    それでも音楽関係者は「白石はルックスのイメージとは違って、かわいらしい声をしている。安定した歌声で伸びしろも十分にある。
    乃木坂46を大ブレークに導いた白石ですから、秋元康氏プロデュースでソロデビューも既定路線でしょう」と話したうえでこう予測した。

    「ほかにも、昨年レコ大を受賞した『パプリカ』をはじめ、プロデューサーとしても手腕を発揮する米津玄師と乃木坂46は同じソニーミュージック。
    米津プロデュースなんて夢のようなビッグサプライズがあるかも。いずれ紅白の舞台で、乃木坂46と共演するなんてことが実現すれば、ファンにとってはこれほどうれしいことはないでしょうね」

    米津といえば、今年限りで活動を休止する嵐のために「カイト」を作ったり、菅田将暉にも「まちがいさがし」を提供している。同じレコード会社なら十分考えられる。

    また、白石はグループ加入前に音楽系の専門学校に通っており、かつて「水曜歌謡祭」(フジテレビ系)など生放送音楽番組にメンバーを代表して出たこともあった。

    結成当時、本紙の取材でも「もともと私は歌手になることが夢で、グループでのデビューにも興味があった。いいきっかけだなと思って、乃木坂46のオーディションを受けたんです。
    学校で歌の勉強をしたり、ボイストレーニングもしていた。作詞の授業を受けたり、音楽理論なども学んでいました」と明かしていたほど思い入れも強い。

    さらに、乃木坂46のオーディションも専門学校の担任講師から勧められたことで決断。「先生が勧めてくれなければ、受けなかったかもしれない」と感謝していた。

    白石は将来的に目指す人物について小声で「ないですね」とポツリ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17633819/
    2020年1月8日 11時0分 東スポWeb


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】話題❣️ 白石麻衣 米津玄師と合体か】の続きを読む


    にっぽん愉快家族(にっぽんゆかいかぞく)は、ものまねタレント・コロッケと歌手・華原朋美が司会を務めた、NHK総合テレビ(デジタル総合テレビ除く)のバラエティ番組。 2002年4月7日に毎週日曜日昼枠(13:00~13:44)にて番組スタート。海外向けのNHKワールド・プレミアムでも放送。年数回地域
    4キロバイト (342 語) - 2019年2月18日 (月) 11:18



    (出典 trend.pikaichi.info)


    いつものモノマネ?

    1 ばーど ★ :2019/12/22(日) 12:14:35.64 ID:io+WPc7T9.net

    モノマネ芸人のコロッケが12月17日放送の「ものまねグランプリ2019冬」(日本テレビ系)に出演し、シンガーソングライターの米津玄師を模したネタを披露している。

    “AIの米津玄師”と銘打ち、ヒット曲「Lemon」に合わせながらロボットの動きを見せたコロッケは、米津のトレードマークである無造作ヘアーのウィッグを被るなど、
    随所に米津を意識した要素を散りばめたが、中盤からは“故障した米津”という演出のもとで、
    音程やリズムを外しながら「Lemon」の歌唱を続けると、変顔を織り混ぜるお決まりのネタも挟みつつ、巧みに時代の寵児を自身の十八番芸へ落とし込んでみせた。

    しかし、これを見た米津ファンが決して愉快な印象を受けなかったことは、その後のネットの反応を見れば明らかだ。

    「コロッケからすれば、かねてより続けてきたお馴染みの変顔を取り入れたモノマネのスタイルなのですが、米津の持つ空気感やカリスマ性などを大きく崩した今回の芸には、
    『面白かったけど、米津玄師さんが好きすぎるから、見るに耐えないものだった』『コロッケの米津モノマネ最低。米津さん大好きだから半泣き。何この顔芸』『*にしてる』
    『似てないし、*にしてるみたいで嫌だった』との批判がSNSで続出しています。
    若い層からの支持を集めるためにあえて米津のモノマネを披露したのでしょうが、似せることよりも笑いを取りに行く従来のスタイルに固執してしまった為、
    米津を愛する若者からは逆に嫌われてしまいましたね」(テレビ誌ライター)

    とはいえ、モノマネ芸人による“炎上”は常に付き物であり、芸歴40年を誇るベテランにとっては痛くも痒くもないのかもしれないが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/2125841/
    2019.12.21 18:14 アサジョ

    ★1が立った時間 2019/12/22(日) 07:32:52.39
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576967572/


    【【芸能】十八番芸❓コロッケの「米津玄師モノマネ」がファンの怒りを買ったワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ