ニュース満腹食堂

いろんなジャンルの最新ニュースを掲載します。

    カテゴリ: 水ト麻美


    名字の「卜」の字は占いを意味する漢字であり、カタカナの「」ではない。『卜』姓は香川県に由来するもので、麻美自身も父が香川県さぬき市出身であることを公表している。ニックネームとしては片仮名で「ミトちゃん」と表記される。また、友人から「卜黄門」と呼ばれていたこともあった。 3人兄弟の長女。妹と弟が居る。
    16キロバイト (2,059 語) - 2019年10月1日 (火) 18:20



    (出典 img.jisin.jp)


    独立でグラビア?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/12(木) 16:14:12.86 ID:yp6BVeHa9.net

    日本テレビのエース・水卜麻美アナが、サブMCを務める朝の情報番組『スッキリ』の生放送で“なぞの号泣”を連発し、物議を醸している。

    「まず11月13日の放送で、ゲスト出演した歌手・森山直太朗の生歌を聴いた後に涙を流し驚かせました。さらに10日後の23日には、新人のころから知る『オードリー』若林正恭が看護師と結婚した情報を報じていた際に長時間、泣きだしたのです。“感動しちゃって”などと釈明しましたが、異様な雰囲気でしたよ」(テレビ誌記者)

    客観的姿勢が求められる局アナが、10日間で2回も生放送中に号泣するという異例の事態に、ネット上では「精神状態は大丈夫か」などという心配の声が相次いだ。

    「実はこの涙、2015年にボクシングジムデートなどが報じられた『関ジャニ∞』横山裕との関係が大きく影響しているとの見方が出ています。32歳になった水卜アナは結婚願望が極限まで高まっている。寂しさに耐えられず、一時はジャニーズ事務所の圧力に忖度して疎遠になった横山と連絡を再開し、ヨリを戻そうとしたそうです。しかし、関ジャニ体が9月に錦戸亮が脱退するなどガタガタで、横山も恋愛をしている場合ではないと感じたため、再交際をOKしなかったとか」(芸能関係者)

    もう1つ、“来春退社”を決めたことも背景にあると目されている。水卜アナは数年前から独立を希望していたが、好感度ナンバーワンアナとしてブレーク。日テレ側は今年6月に昇進させるなどして、引き留めにかかっていた。だが結局、独立を決断したというのだ。

    「もう32歳。年末が迫る中、来春退社の意向を固め一部幹部に話しているそうです。日テレは11月20日、東京五輪番組のキャスター陣を発表したのですが、当然、入るべき水卜アナの名がなかった。そこで局内では“来春退社するのか”との見方が一気に広がったのです。そんな重い決断が涙のワケかもしれません」(同・関係者)

    復縁失敗したことで、独立後には“ハジけた”キャラ変が検討されているという。

    「水卜アナは現在、所属する芸能事務所を最終選定中とされます。相談している芸能関係者とは、フリー転身後、いきなりビキニをグラビアで披露するのはどうか…という案を前向きに話し合っているとか。水卜アナがFカップ爆乳を披露すれば、田中みな実らグラビア系の活動を強めるフリーアナたちを、一気に圧倒できますからね」(出版関係者)

    フリー後の大活躍、大いに期待だ!

    http://dailynewsonline.jp/article/2113992/
    2019.12.12 15:00 週刊実話


    【【芸能】初グラビア❓水卜麻美アナ“号泣ナマ連発”で囁かれた『関ジャニ』横山との復縁失敗説】の続きを読む


    午後は○○おもいッきりテレビ おもいッきりイイ!!テレビ おもいッきりDON! DON! レシピの女王 有吉ゼミ - 当番組金曜日レギュラーの有吉と初代アシスタント水トアナが司会の番組、スタッフが一部共通している。 全日本歌唱力選手権 歌唱王 - 当番組司会の南原が出演、スタッフが一部共通している。 日本テレビ『ヒルナンデス
    84キロバイト (10,700 語) - 2019年11月20日 (水) 05:59



    (出典 entame-line.biz)


    ほんとに嬉しかったんだね!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/25(月) 14:58:28.71 ID:3w/+q0bI9.net

    日本テレビの水卜麻美アナウンサーが25日、同局の「スッキリ」で、オードリーの若林正恭が15歳年下の看護師女性と結婚したニュースの時に突如涙を流し、MCの加藤浩次を驚かせた。

     番組では、若林と親交が深い、どきどきキャンプの佐藤満春が生出演し、若林の結婚の裏話を披露。佐藤は、若林が出演しているラジオ番組の武道館ライブ後に「彼が燃え尽きちゃった」と振り返り「そんなときに家族とかいると楽しいのになって勝手に思っていた。コンビニのイートインで食べる姿を見て、それもいいけど温かい食事もいいんだよってすごい思ってて」と心配していたところ「素敵な出会いがあった」と喜んだ。

     すると加藤が「え?なんでミトちゃん泣いてんの?」と驚き。すると水卜アナは涙をぬぐいながら「新人の時から若林さん、お世話になって。本当に良かった。サトミツさんの話を聞いたら…」とコメントし、佐藤と手を取り合って「良かったね」と喜んだ。

     加藤は「その涙は、絶対結婚できないと思ってたってことね、そういうことね」と言うと、佐藤は「僕も絶対に(結婚)しないと思ってた。あらゆる人にシャッターを閉める男だから」と加藤のツッコミを肯定。

     加藤は「若林って日テレの廊下で会っても絶対おれと目を合わせないからね」などと、若林の人見知りぶりを明かしていたが、水卜アナは涙が止まらず。加藤は「泣くと、水卜さんが失恋したみたい。ずっと好きで看護師さんに取られちゃったミトちゃんみたいになっちゃた。傷心したミトちゃんって」とからかい、水卜アナも「それは…」と必死に涙をぬぐった。

    佐藤は「(若林と知り合って)15年で初めて彼が女の子と一緒の写真を見せてくれた。タリーズコーヒーで号泣した」と水卜アナ同様、泣いてしまったことを明かしていた

    11/25(月) 9:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000044-dal-ent


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】号泣? 水卜アナ、若林結婚のニュースになぜか涙…加藤浩次びっくり「なんで泣いてるの?」】の続きを読む


    森山 直太朗(もりやま なおたろう、1976年4月23日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。名前の由来は素「」で「太」く「朗」らかから。セツナインターナショナル所属。 身長170cm。 東京都渋谷区出身。成城学園高等学校、成城大学卒。大学在学中から、吉祥寺の井の頭公園などでギターを抱えて歌うようになる。
    38キロバイト (2,705 語) - 2019年11月12日 (火) 15:35



    (出典 img.barks.jp)


    素敵な歌です❗️

    1 ひかり ★ :2019/11/13(水) 16:49:17.41 ID:5ZyiYN+y9.net

    シンガーソングライターの森山直太朗(43)が11月13日、「スッキリ」(日本テレビ系)に生出演し、『さくら(二〇一九)』を披露した。
    同局で現在放送中のドラマ「同期のサクラ」の主題歌となっている同曲。もともと03年にリリースされたが、
    「”今”の森山が歌唱する同曲を提供してほしい」というドラマ制作陣の依頼を受けて森山が19年バージョンとして提供した。
    本作で主演を務める高畑充希(27)もVTR出演し、森山の歌声を「性別を超えた神様」と絶賛していた。

    さらに、MCを務める水卜麻美アナウンサー(32)は森山の歌唱中に目頭を押さえるなど感涙。歌唱後には
    「人生の節目を思い出す曲ですね。ずっと大事なときに必ず聞く歌じゃないですか」と涙ながらに曲との思い出を明かしていた。
    MCの加藤浩次(50)から涙の理由について聞かれると、「いろんないいひとと出会ってきたなって……。いろんな友とか同期とかを
    思い出す曲ですね」とまた号泣する一幕も。

    水卜アナの思いを聞いた森山は「こんなに素直に感情を表現していただけて本当にうれしいです。ありがとうございます」と
    感謝の気持ちを露わに。最後には水卜が「本当にこんな素敵な歌を目の前で届けてくださって本当に感謝しています」と語り、
    森山と握手を交わしていた。こうした水卜アナの姿に思わずもらい泣きした視聴者の声がSNSでは相次いでいた。

    《水トちゃんが……号泣 わたしも同じ……感動し号泣 森山直太朗さんの歌声はヤバい》
    《森山直太朗さんのさくらでスッキリ水卜アナ泣いててもらい泣き。そしてはるなさん優しい》
    《水卜アナが、歌ってる時号泣して、それを見て 不覚にも、もらい泣きしてしまった。歌を聴くと、あの頃の事が一瞬で蘇る。わかるわかる。。》

    名曲の力が色あせることはまだまだなさそうだ――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191113-00010012-jisin-ent


    【【芸能】神様! 森山直太朗の「さくら」に水卜アナ号泣 もらい泣きする人も】の続きを読む

    このページのトップヘ