ニュース満腹食堂

いろんなジャンルの最新ニュースを掲載します。

    カテゴリ: のん


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、歌手、芸術家。株式会社non代表取締役。本名および旧芸名は能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん
    96キロバイト (12,273 語) - 2019年9月20日 (金) 02:56



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    うーん、なかなか!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/30(月) 11:34:57.26 ID:JEXGxceG9.net

    女優・のんが、“いわて純情米”の新CM(JA全農いわて)に起用され、10月1日よりオンエアを開始する。

    新CMでのんは、稲穂役で登場。激しい雨風の中、水田の中に佇みながら「絶対負けない。むしろありがとうだよ!」と、稲穂の純情な気持ちを力強くのんが叫ぶ内容となっている。

    自然の恩恵を強さに変える稲穂の純情な気持ちを、何事にも負けず純情でまっすぐなのんが伝えることで、岩手県が誇る済んだ空気、元気な土、
    清らかな流れ、そして生真面目なまでに純粋な情熱を持った農家が丹精を込めて育てた、いわて純情米の魅力を表現している。

    また、“純情”米にかけて、CM楽曲はSIAM SHADEの名曲「1/3の純情な感情」を採用。岩手出身の4兄弟バンド「SaToMansion」のボーカル・佐藤和夫が楽曲をカバーした。

    のんは撮影後、「雨に打たれても、どんな時でも頑張るというか、色々な自然の中で愛をもって育っているんだという、稲穂の気持ちを受け取ってもらえたらいいな」とコメント。
    現場では、監督との映像確認中でも表情は常に真剣で力強く、最初から最後までしっかりと稲穂役を演じきっていたという。

    そして、インタビューでは今回のCMについて「すごく楽しかったですね。水の中に入って、そこから生えている稲穂としてやらせて頂いたので、『絶対負けない!』と叫ぶのは気持ち良いなと感じました」とコメント。

    CMでは水の中に入り、強風や雨に激しく打たれた撮影だったが、「凄い映像を見ていて素敵だったので、頑張らなきゃと気合いが入りました。
    目に水が入ったりしたんですけど、それが『むしろありがとう』なんだという稲穂の気持ちというのを体感できました。
    それがお米を宣伝していく身として稲穂の気持ちが分かったというのは大きかったなと思いますし、どんな時でも愛をもって頑張っていくんだという強い気持ちが、
    岩手のみなさんの気持ちともリンクした気がして、凄く素敵なCMだなと思いました」と振り返った。

    また、セリフにちなみ、自身にとって“絶対負けない物”について聞かれると、「私は何かをやりたいと思ったときに、
    それに向かって難しいことを考えずにビューンと突き進んでしまうタイプなので、後先考えずにやりたいことに向かっていく力というか、
    やり遂げるまで止まらない暴走機関車というか(笑)。そんなところは誰にも負けないと思います」と語った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17157953/
    2019年9月30日 7時1分 ナリナリドットコム


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】稲穂役? のん、力強く叫ぶ「絶対負けない」】の続きを読む


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん れな)で活動、2016年7月より独立しのん芸名で活動する。
    94キロバイト (12,111 語) - 2019年8月20日 (火) 04:16



    (出典 more-more-more.com)


    楽しみなCMです!

    1 湛然 ★ :2019/08/20(火) 04:21:22.39 ID:QO816jb29.net

    2019/08/20 03:00
    のんがユニクロ「カーブパンツ」CM出演、椎名林檎が書き下ろし曲を提供
    https://www.cinra.net/news/20190820-uniqlonon


    ユニクロ「カーブパンツ」テレビCM キービジュアル

    (出典 www.cinra.net)


    (出典 www.cinra.net)


    (出典 www.cinra.net)


    (出典 www.cinra.net)


    (出典 www.cinra.net)


    (出典 www.cinra.net)


    (出典 www.cinra.net)


    (出典 www.cinra.net)



    のんが出演するユニクロ「カーブパンツ」テレビCMが、8月22日から全国で放送される。

    CMの映像は、ユニクロのカーブパンツを着用したのんが野球グラウンドのピッチャーマウンドに立ち、カーブボールを投球するというもの。楽曲には椎名林檎による書き下ろし曲“確かな誇り”を使用している。フランス語の「Non」から始まる歌詞には、「過去や未来に存在せず、たった今だけを生きる」といったフレーズも含まれているとのこと。

    CMでは東尾修がのんの投球について解説。野球経験がなかったのんは当初、ボールを上手く投げることができなかったが、複数回ピッチング練習を行ない、東尾が「投球後の後ろ姿が特に最高!」と称賛するピッチングフォームを身につけたという。

    ◆のんのコメント

    UNIQLOのカーブパンツ、マウンドに立ちカーブを投げる。かっこよく、洒落の効いたCMに参加できてとても楽しかったです。この機会にドームのマウンドに上がれたのも感動しました。のんをかっこよくキメてくれたカーブパンツ、絶妙な曲線美が素敵です。そして、CMに流れる椎名さんの歌声。
    最高すぎる!私は歌詞を読んで心臓撃ち抜かれました。“ただ生きる”ことの純粋さがマウンドに立つ静けさと重なり、自分自身の今に重なる。性別も年齢も関係のない時間の中で今を生きる。
    かっこいい…。自分の心情にも呼応して胸が熱くなりました。“今を生きる”女性達に、カーブパンツを選んでいただけたらなと思います。

    ◆椎名林檎のコメント

    すてきな作品へ参加させていただき、感謝しております。監督には、はなから明確なイメージがあったようです。ただ、のん氏のこの凛々しいお姿を拝見し、おおいに触発されたわたしは、ついついべつなアプローチも何通りか提案してしまいました。最終的にあてていただいたものは、監督からの注文に忠実なものでした。
    女性は、年を経るにつれ、あらゆることが一致してくる生き物だと思います。目つきと身なりと考え方と感じ方、それから付き合う相手など。すべてが一貫してきて、らくになってこそ大人のレディです。このアイテムの哲学も広告のメッセージも、そんなふうにしなやかに成長し続ける、賢い女性のためのものだと思います。


    (おわり)


    【【芸能】東尾がコーチ! のん、ユニクロ「カーブパンツ」CM出演 椎名林檎が書き下ろし曲を提供】の続きを読む


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん れな)で活動、2016年7月より独立しのん芸名で活動する。
    94キロバイト (12,111 語) - 2019年8月20日 (火) 04:16



    (出典 img.sirabee.com)


    応援してます!!!

    1 スタス ★ :2019/08/20(火) 13:17:23.27 ID:QLLRkAPa9.net

    のんさんに何が起きているのか エージェントが語る圧力
    朝日新聞デジタル2019年8月20日10時40分
     NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で国民的な人気を得た俳優のん(本名・能年玲奈)さんが、ここ数年テレビに出ないのは、芸能界の圧力があるからだ――。のんさんのエージェントを務めるコンサルティング会社「スピーディ」の福田淳社長はそう言い切る。彼女を巡って何が起きたのか。芸能界とテレビのあるべき姿とは? 話を聞いた。

    「のんは十分すぎるほどの経済的成功」

     ――朝ドラで国民的な人気を得たはずの「のん」さんが、テレビ番組では全く見る機会がありません。仕事を干され、つらい状況が続いているのでしょうか

     「とんでもない誤解です。彼女は現在、マルコメやメンソレータム社・アジアパシフィック(香港)など、のべ20社とCM契約があります。事務所に所属せず、ギャラから手数料分のみを私に払う仕組みなので、おそらく日本の俳優の中でもトップクラスの手取りがあるでしょう」

     ――意外です。ネットでは、「舞台の稽古場に軽自動車で登場し、質素な暮らしをしているらしい」と書いた記事もありましたが

     「ははは。彼女は免許を持っていませんよ。ちゃんと送り迎えの車がついています。仕事のオファーが絶えず、きちんと休みを取りながら仕事をしなくては、と言っているくらい」

     ――芸能事務所の問題では、公正取引委員会がジャニーズ事務所に対し、事務所をやめた「SMAP」の元メンバー3人をテレビ出演させないよう圧力をかけた場合は独占禁止法にふれるおそれがあると注意した報道が話題になりました。福田さんはそのタイミングで、同様のケースがのんさんにも起きているとブログで訴えた。なぜ今?

     「そのお話をする前に、一つ伝えたいことがあります。芸能事務所の圧力問題について『干されている俳優・のんの現マネジメント事務所社長が訴え』といった『弱い立場の人間がいじめの窮状を訴える』図式で捉えてほしくない、ということです」

     ――弱い立場ではない?

     「のんは現状、テレビ番組に出ていないだけで、十分すぎるほどの経済的成功を収めているし、うちの会社は芸能事務所ではなく、コンサルタント会社。本業は企業などのブランディングで別にあり、タレントマネジメントはのんだけ。だから、芸能業界に自由にものが言える立場にある」

    芸能界の体質「変化の潮目」

     ――ではどうして、ブログで発信を?

     「今、芸能界ビジネスへの社会の監視の目が厳しくなり、旧態依然とした業界の体質が変わる潮目を感じたからです」

     「僕は大学卒業後、CM制作会社に入社しました。30代でハリウッドの映画会社にうつり、衛星放送『アニマックス』『AXN』など、テレビ局そのものを立ち上げるビジネスを展開してきました。長年、エンターテインメント業界の最前線に身を置いた僕が、のんを預かることで感じた日本の芸能界とテレビの時代遅れの構造について、今、声を上げるべきだと思ったんです」

     ――具体的にのんさんを巡っては、何が起きた?

     「彼女は、僕が創業した前の会社と2016年にマネジメント契約を結んで以降、まったくテレビ番組に出ていません。民放ドラマに一度も出演できないのはおろか、情報番組のちょっとしたコメントや宣伝にさえ出ない。異常ですよね」

     ――仕事のオファーはあるのですか

     「この3年で約30件、テレビ局からのんへ、ドラマや情報番組のオファーがあった。でも、こちらが企画に納得して、いざ出演契約を結ぶことになると、テレビ局から必ず『なかったことにしてください』と電話が入るのです」

     ――それが圧力だと?

     「『のんが出るなら、うちのタレントは出演を引き揚げる』といった圧力が電話で局側に入るようなのです。あるドラマでは衣装合わせまで済みながら、契約直前に『今回はなかったことに』と立ち消えになった。他にも、演奏会で詩の朗読をした際も、のんの存在は消され、もう1人の俳優さんだけがテレビで紹介されていた。理屈に合わない、ドロドロとしたことばかりが起きています」

    ■圧力の証拠「あり…
    https://www.asahi.com/articles/ASM886K7NM88UCVL01L.html?iref=comtop_8_01


    【【芸能界】社長さん? のん(能年玲奈)のエージェントが語る圧力 ???「うちのタレントを引き上げる」→契約直前でテレビ局「無かったことに」】の続きを読む


    のん (女優) (能年玲奈からのリダイレクト)
    のん(19937月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。 現在の兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、20167月より独立しのんの芸名で活動する。
    93キロバイト (11,923 語) - 2019年6月13日 (木) 14:37



    (出典 dmcoup0s63tbi.cloudfront.net)


    謎、謎、謎

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/07/25(木) 06:56:50.80 ID:+2wfalKX9.net

     ジャニーズ事務所が、かつての所属タレントである『新しい地図』の3人をテレビ出演させないよう、一部民放テレビ局に圧力をかけていた“疑い”があるとして、公正取引委員会から注意を受けていた一件。これに関連し、『のん』こと能年玲奈のマネジメント会社代表取締役社長・福田淳氏が、7月18日に公式サイトで声明を発表したのだが、見事に声はかき消されてしまった。

     のんが前事務所から現在のマネジメント会社へ移ったのは2016年7月。しかし、声明によると移籍後は謎の力によって芸能活動を封じられることがあったようで、
    《テレビ局の若い編成マンから本当にたくさんの素晴らしい企画、脚本などオファーをいただきました。しかし、お話が進むうちに、上司や担当役員によって突然つぶされてしまうことが繰り返されてきました》
    《その状態が3年も続いております》
    《現場からの熱烈なオファーもある、のんが3年間テレビ局で1つのドラマにも出演がかなわないことは、あまりにも異常ではないでしょうか?》
    《素晴らしいクリエーティブを作る人々が、忖度なく、正々堂々と切磋琢磨する中で、世の中の人々を楽しませ、感動させられるそんな産業になっていくことを切に祈ります》
     などと、現在まで続く悲痛なまでの窮状が訴えられている。

     しかし、各マスコミが“発端”となったジャニーズ事務所と公取委の問題を報じる一方、のんの不当な扱いを告発した福田氏を報じるメディアはほぼゼロ。多くの人気女優や人気タレントを抱えるのんの前事務所に忖度してか、“ジャニーズたたき”に隠れて言及すらしないという闇の深さを見せている。

     また、告発の直後には宮迫博之・田村亮による“闇営業問題”の釈明会見が開かれ、これに伴う『吉本興業』の事務所体質が芸能ニュースを独占する事態に。不運にも、のんの窮状はかき消されることとなってしまい、このままでは忘れ去られることが濃厚とみられている。

     大手である前事務所に怯むことなく、業界の現実を自らの言葉で訴えた福田氏。この勇気ある告発は決して無駄にしてはならないが、残念ながらこれ以上話題なることはないかもしれない…。

    2019年07月24日 21時15分
    https://wjn.jp/article/detail/2083241/

    (出典 wjn.jp)


    【【芸能】謎の力! 完全にかき消された“のん”能年玲奈への圧力告発! テレビ完全スルーの闇…】の続きを読む


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん れな)で活動、2016年7月より独立しのん芸名で活動する。
    92キロバイト (11,824 語) - 2019年6月8日 (土) 22:46



    (出典 dot.asahi.com)


    これからも楽しみですね!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/06/09(日) 14:39:53.08 ID:0SANFd6H9.net

    俳優・「創作あーちすと」ののん。1993年生まれ。
    朝の連続テレビ小説(朝ドラ)で日本中に鮮烈な印象を与え、声優に初挑戦した『この世界の片隅に』で新境地を開拓した俳優、のん。

    ここ数年は歌や絵といった演技にとどまらない活動にも挑戦し、その存在感からCAMPFIRE、LINEモバイル、ラクスルなど、大手ITベンチャーを中心にCMのオファーも相次いでいる。

    そんなのんの活動の原点には、「怒り」という感情があるという。その言葉の真意を探った。

    ■岩手のことを想って書いた曲

    のんのキャリアを語る上で外せない2作品が、その存在を世に知らしめた朝ドラと、声優初挑戦にして日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した『この世界の片隅に』だ。

    「『これだ』っていう作品にまさにめぐりあえた気持ちでした。製作者の想いと、見てくださる方の思いが同じ気持ちで広がっていったのが、その2作品だったと思います」

    2019年6月に発売されるセカンドアルバムにも、朝ドラの舞台でもある岩手の曲が入っている。

    岩手銀行のCM曲として書き下ろされた『この街は』は、まさに「岩手のことを想って書いた(曲)」。アルバム収録の際には岩手まで出向き、岩手の子どもたちと一緒にコーラスを録り下ろした。

    2019年にはJA全農いわての「宣伝本部長」に就任、そして東北の田舎町が舞台で岩手県久慈市でロケを行なっている映画『星屑(ほし*)の町』に出演するなど、岩手とのつながりは今でも強い。

    ■根底には“怒り”がある

    一方で、2016年頃からは「創作あーちすと」を名乗り、歌や絵といった活動にも積極的に取り組む。2017年からは毎年アルバムを出しており「ずっと続けていきたい活動」だと話す。

    「私は自分の思いを言葉にするのがつたないところがあって……。でも、曲に込めてだと素直に躊躇なく、自分を表現できるんです」

    演技とは異なり、歌や絵といった表現は「自分自身の想いをそのままぶちまけられる手段」(のん)。伝えたいことは時々によって変わるが、その根底にあるものはいつも同じだ。その感情こそが、“怒り”だという。

    「(怒りは)抗っても抗えない気持ち。詞にしても、最初はがんばってつくっている形式があるんですけれど、完成してみると怒っている。それしかないのかよって、つまんないやつかもしれないんですけど(笑)」

    そんな怒りの感情は、のんが手がける作品たちに、ストレートに現れている。2018年、作詞作曲に初めて挑戦した『へーんなのっ』の歌詞は、こうだ。

    「きっぱりした物言い 飾り気のない言葉 混じりけのない心

    変なものは変だ 嫌なものは嫌だ 変なものは変だ」

    ■怒りをおもしろおかしく放出する

    なぜ彼女にとって、怒りがそんなにも大切な感情なのだろうか?

    「喜怒哀楽の中で、喜び、楽しさ、泣くことでさえ、良い感情のひとつとして受け止められているのに、怒るという感情だけが“のけもの”みたいになっていると思うんです。怒ることも必要なんだよって誰かが言ってあげなきゃいけないぐらい、怒りの感情だけがうとまれている」

    「うとまれていたり面倒臭がられるからといって、自分の怒りにフタをして、ないものにするのって、時には必要だと思うんですけど……なんかヘンだなって」

    やわらかく微笑みながらも、その言葉はまっすぐに突き刺さる。

    自らの怒りを表現していくのんの原点は、家族にあるという。

    >>2以降に続きます

    6/9(日) 8:10配信 BUSINESS INSIDER JAPAN
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00010000-binsiderl-peo&p=1

    (出典 assets.media-platform.com)


    (出典 assets.media-platform.com)


    (出典 assets.media-platform.com)


    (出典 assets.media-platform.com)


    (出典 assets.media-platform.com)


    (出典 assets.media-platform.com)


    (出典 assets.media-platform.com)


    【【芸能】創作の原点は、怒り! のんインタビュー 誰だって自由に牙をむいていい】の続きを読む

    このページのトップヘ