ニュース満腹食堂

いろんなジャンルの最新ニュースを掲載します。

    カテゴリ: 吉岡里帆


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    74キロバイト (10,121 語) - 2019年6月11日 (火) 01:20



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/14(金) 22:10:28.31 ID:65eBcfAZ9.net

    ◆ 吉岡里帆の代表作は「どん兵衛」CMと水着グラビア? 誹謗中傷が止まらず炎上も

    映画『パラレルワールド・ラ*トーリー』の公開にあわせ、吉岡里帆の話題が増加している。出演CM「どん兵衛」(日清食品)やUR賃貸住宅など、出演する多くのCMが可愛いと人気で、ニホンモニターの『2018タレントCM起用社数ランキング』によれば吉岡里帆の出演CM本数は8社だ。

    ただ、コマーシャルでの活躍が目立つ一方、主演やそれに近しい役で出演した作品の数字は好調とは言い難い。映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』、ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)といった作品は、数字面では成功と捉えにくい結果だった。

    現在公開中の映画『パラレルワールド・ラ*トーリー』は、そんな状況を変える勝負を懸けた一作である。吉岡里帆はバラエティ番組への稼働を積極的に行い、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)、『モニタリング』(TBS系)、『もしもツアーズ』(フジテレビ系)、『林先生の初耳学』(TBS系)、『うちのガヤがすみません!』(日本テレビ系)といった番組で精力的にプロモーションを展開してきた。

    ■ 吉岡里帆へのバッシングといやらしい視線は健在

    しかし、メディア露出が増えれば、ネガティブな話題も必然的に多くなってしまう。「週刊アサヒ芸能」2019年6月20日特大号(徳間書店)は、番宣のためにこれだけ多くのバラエティ番組に出演できたのは配給会社の努力だけでなく、彼女自身の<桃色誘惑>があったとの記事を掲載した。

    その記事によると、吉岡はプロデューサーをはじめとしたスタッフにボディタッチを仕掛けることがしばしばであるうえ、打ち合わせが一段落すると<もっといい仕事ができるように、今度お酒でも飲みながら詳しく聞かせてくれませんか>などとオジサン連中の下心を刺激するような一言を繰り出すのだという。本当だろうか?

    むしろ男性スタッフの勘違いセクハラの可能性さえあるが、同誌ではこういった「あざとさ」は飲みの席ではさらに勢いを増すとして、業界関係者との飲みの席で吉岡里帆が男性スタッフの口元に箸でつまんだ刺身をもっていき、<アーンして>と言ったとまで書いている。

    媚びる姿勢が好評で男性スタッフには次々と熱心なファンが生まれる一方、女性スタッフからのウケはすこぶる悪く、アンチ吉岡となる人も少なくないとのことだが……真偽のほどは定かでない。

    吉岡里帆について「実力ではなく、“あざとさ”で仕事をとってきた」といった内容の記事が書かれるのは、出演作品の数字の悪さも一因かもしれないが、だとしても彼女はあまりに侮辱されすぎている。これは今に始まったことではなく、ブレイク直後からずっと続いてきた。

    ■ 吉岡里帆の「水着グラビア」をめぐって

    特にくすぶっているのが、「水着グラビア」をめぐる発言である。吉岡は今年5月29日発売の「週刊少年マガジン」(講談社)で、表紙とグラビアに登場している。久しぶりのグラビア出演となったわけだが水着カットはなく、匿名掲示板では<これじゃない感><なに服着てんだよ><女優気取りなのはいかんな><勘違い野郎>といった書き込みが多く投稿された。

    吉岡里帆のグラビアに関してこれだけのバッシングが出てくるのは、「週刊プレイボーイ」(集英社)や、ウェブサイト「She is」での発言が、それだけ誤解されたまま広まり、浸透してしまったことを意味しているだろう。

    <あの時間もある種、文字通り切り売りの時間だったんです。だって私は水着姿なんて絶対出したくなかったし、両親からも、『本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ』という教育を受けてきたから>
    <人は、脱いだ人を『*る人が芝居している』って見るんですよ。脱がない人のことは、はじめから『この人は芝居する人なんだ』という目で見ます。その壁ってすっごく厚くて高くて、自分で自分の首を絞めるみたいな行為をしてしまったと思うこともあります>(いずれも「She is」より)

    こうした発言を、過去の自分を応援していたファンや、他のグラビアアイドルに対して敬意に欠いた発言であると曲解した一部のネットユーザーは、大いに怒っていた。

    ※続きは下記のソースでご覧ください

    wezzy 2019/06/14
    https://wezz-y.com/archives/66823

    (出典 wezz-y.com)


    【【芸能】桃色誘惑! 吉岡里帆の代表作は「どん兵衛」CMと水着グラビア?「実力ではなく“あざとさ”で仕事をとってきた」 誹謗中傷止まらず炎上】の続きを読む


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    74キロバイト (10,057 語) - 2019年5月31日 (金) 13:44



    (出典 www.m-on-music.jp)


    衣装でガラッと変わりますね!

    【「グラビア」 最新!吉岡里帆 悩ましい!】の続きを読む


    東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 - )は、日本の小説家。大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)。本名同じ。 1958年、大阪市生野区に生まれる。当時の街が1999年に刊行された『白夜行』や『浪花少年探偵団』シリーズの舞台となっているなど、作品には自身の体験が幅広く取
    49キロバイト (6,853 語) - 2019年5月4日 (土) 08:32



    (出典 pbs.twimg.com)


    面白そうですよ!

    1 名無シネマ@上映中 :2019/02/26(火) 00:32:04.95 ID:AvHZnRHh.net

    PARALLEL WORLD LOVE STORY

    愛する彼女は、 本当に俺の 恋人なのか?

    それとも、 親友の 恋人なのか?

    東野圭吾が仕掛ける――
    3人の男女、2つの世界、1つの真実

    2つの異なる世界〈パラレルワールド〉 を行き交う、 男女3人の愛と罪

    玉森裕太 × 吉岡里帆 × 染谷将太
    東野圭吾〈衝撃のラ*トーリー〉映画化!

    愛の謎が解けるか?

    世界が変わる―

    映画「パラレルワールド・ラ*トーリー」公式サイト
    http://parallelworld-lovestory.jp/
    https://www.shochiku.co.jp/cinema/lineup/parallelworld-lovestory/
    映画『パラレルワールド・ラ*トーリー』公式 Twitter
    https://twitter.com/paralove_movie

    2019年5月31日(金) 公開

    玉森裕太
    吉岡里帆 染谷将太
    筒井道隆 美村里江 清水尋也 水間ロン 石田ニコル / 田口トモロヲ

    原作:東野圭吾「パラレルワールド・ラ*トーリー」(講談社文庫)
    監督:森義隆
    脚本:一雫ライオン
    音楽:安川午朗
    配給:松竹
    (deleted an unsolicited ad)


    【【東野圭吾原作】超話題作! パラレルワールド・ラブストーリー【玉森裕太 吉岡里帆 染谷将太】】の続きを読む


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    74キロバイト (10,059 語) - 2019年5月27日 (月) 11:26



    (出典 www.ateam-japan.com)


    女優には簡単になれないですからねー

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/31(金) 07:07:04.43 ID:Kcu34D0s9.net

    「オンとオフをしっかり分けるタイプなんです。仕事が終わったあとに時間のある日やオフの日は、ちょっと背伸びをしていいレストランに行ってみたり。

     友達と行くこともあれば、自分ひとりで知らないお店を開拓しに行くこともあります。そうやっておいしいものを食べてリフレッシュして、また次の日に仕事の現場に向かうんです」

     映画にドラマ、CMと多忙な日々を過ごす吉岡里帆(26)。屈託のない笑顔で明るく話す彼女だが、魅力はそのかわいらしさだけではない。学生時代から芝居の世界に引き込まれ、仕事には責任を持ってストイックに取り組んでいく。

    「私にとってお芝居の面白みは“難しすぎる”ところ。自分の人生、たったこれだけの経験じゃ、この役は演じられないって思うこともあります。でも日々、挑戦することで“生きてる!”って実感が湧くんです。反省の連続ではありますが、人生をかけてやれる仕事だなって。今、すごく生きがいを感じています」

     ハードルが高いほど“燃える”と話す吉岡。そんな彼女が、オファーを受けたときからワクワクしたという出演映画『パラレルワールド・ラ*トーリー』が公開される。

    ■もし、この仕事をしていなかったら

     本作では“2つの世界”を舞台に、ひとつの世界では主人公の恋人として、もうひとつの世界では主人公の親友の恋人として登場し、難しい役どころを演じている。


    「映像化が困難とうかがっていたので、これはやりがいがあるなと。台本もすごく難解でした。普通の台本と、時系列になっている解読用の台本の2冊あったんです。監督からは“これまで吉岡里帆がやってきた仕事とは、まったく違うことをしてほしい”と。なかなかOKが出なくて、かなり苦しんだシーンもありました」

     本作では、タイプが正反対の男性2人の恋人として登場!

    「それぞれに魅力があって、染谷(将太)さん演じる智彦は一途なピュアさがあって、信用できる。一方で玉森さんが演じた崇史は、ちょっと強引で。“なんとしてでも一緒にいたい”という直球な感じに、女性はドキッとしちゃうのかなと思います」

     本作では2つの世界を行ったり来たり。“パラレルワールド”については、

    「同じ時間、同じ場所で違う自分がいるというのが、すごく面白いですよね。自分が信じている世界が、実は真逆の世界かもしれない。私ももしこの仕事をしていなかったら、とか、もし男性に生まれていたら……と考えることもあります」

     もし女優以外の自分がいるとするならば?

    「私はずっと書道をしてきたので、書道教室の先生を地元の京都でやっていると思います。過去にはそういう道に行くことを考えた時期もあったんです。もしその道を進んでいたら、どうなっていたのかな。想像するだけでワクワクしますね(笑)」


    週刊女性2019年6月11日号2019/5/31
    https://www.jprime.jp/articles/-/15247?display=b

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    【【女優】書道の先生! 吉岡里帆が考えたのことのある、女優ではない「別の道」】の続きを読む

    このページのトップヘ