ニュース満腹食堂

いろんなジャンルの最新ニュースを掲載します。

    カテゴリ: 原田龍二


    原田 龍二(はらだ りゅうじ、1970年10月26日 - )は、日本の俳優、タレント、司会者である。東京都足立区出身。血液型はA型、身長178cm。聖学院大学政治経済学部政治経済学科中退。[要出典]株式会社ブロー所属。 1990年の第3回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞
    30キロバイト (4,129 語) - 2019年5月30日 (木) 14:00



    (出典 mayuponstyle.com)


    記者会見を開いて、何を話すんだろう?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/30(木) 19:32:59.31 ID:zTF5AuuE9.net

    安藤優子キャスターが30日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に出演。ファン2人との車中不倫を報じられた俳優・原田龍二(48)について「女性を何だと思ってるんでしょうね」「物(道具)のように…」とあきれた。

    原田は30日発売の週刊文春で、ファンだった女性と公園の近くに愛車を止め、コトに及んでいたことなどが、女性側の“告発”で暴露された。
    原田自身も同誌の直撃に認めている。

    安藤は「女性がすごく怒ってるわけじゃないですか。それは“物のように使われた”という思いがすごく強いんじゃないですか」と“性の道具”にされたという女性側の怒りを代弁。
    宮澤智アナウンサーが「もしかしたら家族も使うかもしれない車の中で(不倫関係を持った)っていうところや、奥様とご家族に対して、
    本当に失礼だし、心がない」と嫌悪感を示すと、「そういうこと考えないんですかね」とあきれはてていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16540839/
    2019年5月30日 15時55分 デイリースポーツ


    【【芸能】物扱い! 安藤優子 ファンと車中不倫の原田龍二に「女性を何だと思ってるんでしょう」】の続きを読む


    原田 龍二(はらだ りゅうじ、1970年10月26日 - )は、日本の俳優、タレント、司会者である。東京都足立区出身。血液型はA型、身長178cm。聖学院大学政治経済学部政治経済学科中退。[要出典]株式会社ブロー所属。 1990年の第3回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞
    29キロバイト (4,088 語) - 2019年5月13日 (月) 02:16



    (出典 www.fukuya-shoten.jp)


    最悪です!

    1 幻の右 ★ :2019/05/30(木) 11:31:22.70 ID:pdCb0wr29.net

    俳優原田龍二(48)が複数のファン女性と関係を持っていると、文春オンラインが報じている。原田は、31日に都内で記者会見を開く予定だ。

    文春オンラインによると「郊外の広大なスポーツ公園の脇道に駐車しては事に及んでいた。また、ロケ先の地方で関係を持った女性もいる」という。原田は直撃に「……してはいけないことですね」と不倫を認めている。

    原田は、16年の大みそか、日本テレビ系「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」でアキラ100%とともに全裸で股間をお盆で隠しただけの姿で登場し、「丸腰刑事」を熱演したことがきっかけでブレーク。昨年、デジタル写真集を発売した際には“全裸会見”で話題になった。MXテレビの情報番組「5時に夢中!」(月~金曜午後5時)では金曜日のMCを務めている。01年に一般女性と結婚、一男一女の父でマイホームパパとしても知られていた。

    所属事務所は日刊スポーツの取材に、報道内容について認めた上で、「31日の会見でお話しします」と答えた。関係者によると、原田は猛省しており、29日に出演したニッポン放送「DAYS」(月~木曜午後1時)では、務めて平静を装いながら放送に臨んでいたという。会見では釈明と“裸一貫”での再スタートを誓うとみられる。

    日刊スポーツ 5/30(木) 4:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-05290782-nksports-ent

    ★1 2019/05/30(木) 04:08:09.73


    ※前スレ
    【俳優】原田龍二、ファン数人と不倫関係認めた 31日会見 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559175517/


    【【俳優】ファンと不倫三昧!!! 原田龍二】の続きを読む

    このページのトップヘ