ニュース満腹食堂

いろんなジャンルの最新ニュースを掲載します。

    カテゴリ: 長澤まさみ


    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    69キロバイト (8,396 語) - 2020年2月16日 (日) 05:28



    (出典 nayami-sodan.net)


    本当に楽しいですよねー!
    大好きです!

    1 ひかり ★ :2020/02/18(火) 18:53:40.83 ID:xrHDgxmm9.net

     東京映画記者会(デイリースポーツなど在京スポーツ7紙で構成)が制定する「第62回ブルーリボン賞」の授賞式が18日、都内で行われ、
    主演女優賞の長澤まさみ(32)がシックな黒いドレスを身にまとって登場。対象作「コンフィデンスマンJP」のさらなる続編を希望した。

     2018年のドラマ版に続き、昨年公開された「-ロマンス編」でキュートな信用詐欺師のダー子を演じ、9年ぶりのブルーリボン賞を獲得。
    今年5月1日には映画版2作目となる「プリンセス編」の公開が待機している。

     今年がデビュー20周年の節目。コメディエンヌの才能を開花させた新たな代表作が評価され、長澤は
    「私もダー子のように信念を持って生きていけたら。この作品が大好きなので、まだまだ『コンフィデンスマンJP』の世界が続いたらいいのになと思います」
    とライフワークにする意気込みだ。

     2006年のNHK大河ドラマ「功名が辻」で共演している司会の舘ひろしは「あの美貌と笑顔なら、僕もだまされてみたい」とメロメロだった。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/18/0013126442.shtml
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/18/0013126442.shtml?pg=2

    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【【芸能】ダー子❣️長澤まさみ シックな黒ドレスで魅了 ダー子続投を希望「この作品が大好き」】の続きを読む


    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    69キロバイト (8,396 語) - 2020年2月3日 (月) 14:43



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    それはないでしょ❗️
    楽しみにしてるのに❗️
    でも、ぼくちゃんって言われてもねー!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/05(水) 08:14:34 ID:EpieMZO09.net

    1月23日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、俳優の東出昌大(32)と杏(33)夫妻が別居中だと報じてから2週間。売れっ子イケメン俳優の不貞は、関係各所に大きな波紋を広げている。

    別居の原因は、東出と若手女優の唐田えりか(22)の3年にわたる不倫。東出が出演している4社のCMが、すべて契約解除となることが確実視されており、CM打ち切りなどによる違約金は6億円にのぼる可能性もあるとされる。

    現在、東出は桐谷健太(39)とW主演で、ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)に出演中だが、2月4日発売の『女性自身』(光文社)によると、今後は東出の出演シーンを減らすことが決定したという。

    キー局関係者は話す。

    「今後のドラマや映画のオファーも当然なくなるでしょうが、東出は今年5月1日公開予定の映画『コンフィデンスマンJP―プリンセス編―』に出演しています。

    映画を製作したフジテレビは、公開前の準備を進めていましたが、宣伝方法や宣伝スケジュールの組み立てをめぐって、大慌てだといいますよ」

    『コンフィデンスマンJP』は2018年4月から、フジテレビの月9枠で放送されていた人気ドラマ。長澤まさみ(32)演じる「ダー子」、東出昌大(32)演じる「ボクちゃん」、小日向文世(66)演じる「リチャード」という3人の信用詐欺師(=コンフィデンスマン)が、金融業界、医療現場、不動産などさまざまな業界を舞台に、欲望にまみれた悪人たちから金をだましとる痛快コメディ作品だ。

    昨年5月に公開された映画第1弾『コンフィデンスマンJP―ロマンス編―』は、フジテレビ開局60周年記念作品として製作され、観客動員数200万人以上、興行収入29.3億円を超える大ヒットを記録した。

    「3月末からは、第2弾映画の宣伝予定がバンバン入っていたのに、すべてが白紙になってしまったといいます。4月7日には完成披露試写会も控えていますが、そこをどうするかも相当揉めているとか……。現在の状況で東出が登壇しようものなら、とんでもない騒動になって舞台挨拶どころではない。そのため、フジ側としては、試写会までに東出に釈明・謝罪会見をしてほしいと思っているようです。

    ただ、東出サイドには会見を開くつもりはないといいます。そんな状態で、映画の中で“ボクちゃーん”なんて言っても、観客は当然“ナメてるのか”となるのは目に見えていますよね」(前出のキー局関係者)

    ■シリーズ化も白紙!?

     本業のテレビ事業が不振のフジテレビだが、前作の『コンフィデンスマンJP』をはじめ、『マスカレード・ホテル』、『翔んで埼玉』など、映画は大ヒットを連発。

    『コンフィデンスマンJP』は前作の大ヒットを受けて、早々に第2弾の製作が決定したという。

    「『コンフィデンスマンJP』は、今後も続編をずっと出し続けていきたい、フジテレビにとって超重要なコンテンツになっていたんです。5月公開の第2弾も、ヒットが見込めるため、宣伝含めしっかりと予算をかけていた。ところがここにきて東出のゲス不倫が発覚。“作品は好きだけど東出が出ているから見たくない”と感じている人もいるでしょう。

    第3弾では東出を降板させる、という案もあるかとは思いますが、最初のドラマ版から出演し続けているメインキャストを、第3弾で突然外すというのも無理がある。フジテレビは今回のゲス不倫に大激怒しているといいますよ」(芸能プロ関係者)

    共演者の小日向は第1弾公開時、主演の長澤の演技について「ダー子という役は誰でもできるものではない。それをしっかりと確立し“長澤まさみにしかできない”と感じさせる。もう代表作と言ってもいいと思う」と語り、長澤の演技を絶賛していた。

    「それまでも『モテキ』や『50回目のファーストキス』など、数々のヒット作に出演してきた長澤ですが、『コンフィデンスマンJP』で見せた演技、そして映画の大ヒットで同作が長澤のキャリアを代表する看板作品だと感じている関係者も少なくありません。

    そんな代表作がゲス不倫で味噌をつけられ、シリーズ化も白紙の危機。長澤サイドも当然ブチギレているでしょうね。映画の宣伝のスケジュールも事前に組んでいたのに、あらためて組み直しですから、多忙を極める長澤の体調面、メンタル面も心配になってしまいます」(前出の芸能プロ関係者)

    「だって、嘘がお好きでしょ。」ーーこれは、今となってはあまりにも意味深になってしまった映画『コンフィデンスマンJP』のコピー。同作の舞台挨拶に、はたして東出は姿を現すのだろうか!?

    http://dailynewsonline.jp/article/2181264/
    2020.02.05 07:03 日刊大衆


    【【芸能】残念❗️「東出不倫」に長澤まさみ&フジ激怒!『コンフィデンスマン』消滅!!】の続きを読む


    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    68キロバイト (8,344 語) - 2020年1月22日 (水) 07:53



    (出典 i.pinimg.com)


    これは、凄いことに!

    1 孤高の旅人 ★ :2020/01/22(水) 08:41:38 ID:yOmyyMVq9.net

    長澤まさみ、女優デビュー20周年で初の汚れ役 自堕落で奔放、闇落ちの母「演じてみたいと思った」…映画「MOTHER マザー」
    1/22(水) 4:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-01210229-sph-ent



     昨年、報知映画賞で主演女優賞に輝いた女優・長澤まさみ(32)が、映画「MOTHER マザー」(初夏公開、大森立嗣監督・脚本)に主演し、自堕落で奔放な母親役を演じることが21日、分かった。女優デビュー20周年の節目の年に、初の汚れ役に挑む。

    「新聞記者」「宮本から君へ」の映画製作・配給会社スターサンズが、実際に起きた少年による祖父母殺害事件に着想を得て映画化。大森監督とタッグを組み、同監督が脚本も手掛けた。

     長澤が演じるのは、行きずりの男たちと肉体関係を持ち、その場しのぎの生活を送る自堕落な女・秋子。「女」としては破滅的な一方、「母」としては子供をなめるように、かわいがって育てる。複雑な内面を抱え、二面性を持った秋子が社会の闇に落ちていくさまを描く。

     オファーを受けた理由に、長澤は「結婚しておらず、子供がいない自分は、母親目線ではなく、息子の目線で脚本を読んでいた。人ごとじゃないと思わせられるリアルさがあって母親の存在の大きさ、親として子供を育てる責任について考えさせられ、演じてみたいと思った」。息子(郡司翔、9)には母親しか頼る存在がおらず、社会の底辺で生きる2人の間に“ある感情”が生まれる。その結果、成長した息子は自らの祖父母を殺害する事件を起こす―。

     映画「コンフィデンスマンJP」などコメディエンヌぶりに注目が集まる長澤だが、今作は全く異なる役どころ。「視点の違いで理解が大きく変わるキャラクター。母親に対して、見る方に同情の余地を持たせると、この物語が成立しない気がしたので一番意識しました」とコメントした。

     内縁の夫になるダメ男のホスト・遼役を演じる阿部サダヲ(49)は「親子って何なんだろうとしばらく考え、何かに寄生していないと生きていけない…人の弱さ、もろさを感じた」。初共演の長澤に「母親役の印象はあまりなかったのですが、グッと来ましたよ。親子のシーン…僕はいないシーンです(笑い)」と話した。

     ◆「どんどん大きく」大森監督も太鼓判

     約1か月の撮影期間を経て、昨年6月にクランクアップ。大森監督は「秋子は強烈で想像を超えたキャラクター。大変だったと思いますが、撮影を進めるにつれ、長澤さんが、作品の中でどんどん大きな存在になっていきました。非常に良い表情を収めることができたと思います」と太鼓判を押した。


    【【芸能】期待できます❗️ 長澤まさみ、女優デビュー20周年で初の汚れ役 自堕落で奔放、闇落ちの母…映画「MOTHER マザー」】の続きを読む


    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    67キロバイト (8,185 語) - 2019年12月1日 (日) 01:39



    (出典 minnano-uwasa.com)


    凄い世界だ!

    1 カノープス(茸) [US] :2019/12/08(日) 23:12:30 BE:632443795-2BP ID:VBi8Ih0N0●.net

    sssp://img.5ch.net/ico/gikog_pimiento.gif
    沢尻エリカの薬物逮捕に“犬猿”長澤まさみがガッツポーズ!?

     女優の長澤まさみが、沢尻エリカ容疑者の合成*所持による逮捕に大喜びしているという。この2人は男関係もセクシー路線も知る人ぞ知る“超犬猿の仲”だ。

    「長澤は、沢尻の逮捕を知った日は一日中、機嫌が良かったといいます。何を言われても笑顔。心底、喜んだのでしょう」(芸能記者)

     なぜ、ここまで2人は不仲になったのか。

    「学年でいう1年先輩の沢尻は、小学生から雑誌の表紙などでたたき上げられてきた。それに対して長澤は、小学6年生のときに『東宝シンデレラオーディション』で史上最年少グランプリを獲得し、一気に出てきた。
    しかも、長澤の父親といえば、サッカー・ジュビロ磐田の初代監督でも有名。沢尻は、当時から長澤が嫉ましかったというのです」(アイドルライター)

     2人の不仲を決定付ける事件も起きた。2003年、長澤は映画『ロボコン』で俳優の塚本高史と共演。2人には交際説もあった。

    「06年、塚本は映画『タイヨウのうた』に主演するのですが、その年に沢尻がテレビ版に出演。直接の共演ではなかったものの、同じ作品つながりで塚本に急接近。当時、長澤の交際相手とウワサされていたので“寝取った”とも囁かれている。ほどなく長澤は塚本にフラれたとか」(同・ライター)

     07年、長澤と沢尻が映画賞で同じ壇上に立つシーンがあったが、長澤が沢尻をニラむ写真も残されている。

    「また、その年にラジオで共演する機会があったのですが、2回に分けて放送する予定が1回で終了。あまりのギスギス感から、収録がもたなかったようです」(芸能プロ関係者)

     成人の前後には、沢尻が女子会「沢尻会」を結成。対抗して長澤の「長澤会」も結成された。

    「沢尻会は佐々木希などヤンチャの集まりで結束力はなし。対して長澤会は綾瀬はるかや石原さとみなど、一流女優がズラリ。力の差があり過ぎて、敵対にもなりませんでした」(同・関係者)

     仕事の方向性においても、水と油だという。

    「長澤はヨコ乳見せやミニスカ美脚披露の“セクシー路線”が売り物。ただ、これに憤慨しているのが沢尻。どれもこれも寸止めの長澤は、沢尻にすれば『ハンパやるんじゃねぇ!』って感じです。
    彼女は仕事がなかった時期とはいえ、12年に主演映画『ヘルタースケルター』でフルヌードをやっていますからね。それだけに、カレ氏を取られ、セクシーでも逆恨みされる長澤にとっては、沢尻逮捕は大喜びなはず」(女性誌記者)

     長澤には今こそ“フルオープン”での勝利の雄叫びを期待したい。
    https://wjn.jp/sp/article/detail/3892396/


    【「芸能」壮絶❗️沢尻エリカ逮捕で犬猿の長澤まさみがガッツポーズ→週刊実話「よし、脱げ!」】の続きを読む


    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    67キロバイト (8,162 語) - 2019年11月13日 (水) 15:07



    (出典 xn--w8j0n8bzb3228a.xyz)


    まだ、見てない!!

    1 おちんちん :2019/11/25(月) 20:00:12.19 ● BE:547841423-PLT(25252).net


    (出典 img.5ch.net)


    (出典 wjn.jp)


     女優の長澤まさみが、11月9日から放送されている機械メーカー大手『クボタ』の新CMで、Fカップ*を“激揺れ”させながら疾走する姿を披露し、話題となっている。
    「クボタのCMで長澤は、西洋の都市で開かれているパーティーに潜入した女スパイを演じています。潜入中、気付かれてしまった長澤が、雨が上がったばかりの路地を全力で駆け抜けるシーンがインパクト抜群なのです」(スポーツ紙記者)

     長澤は、白い上着を羽織りつつも、ミニスカ姿でダッシュする。それだけでもかなりのエロさなのだ。
    「背後を時折振り返りながら、両手を大きく振って路地を全力で逃げるように走るのです。白い上着が風になびくと、引き締まったウエストと対照的なFカップ爆乳がぶるんぶるんと大揺れし、ものすごくセクシーです。それに加えてミニスカからは、適度にむっちりした美脚も披露されるのだからタマりません」(同・記者)

     さらに見逃せないのが“アエギ声”が挿入されていることだ。
    「走って逃げる際、“ハッハッハッハッ”という無声音ながらも、事実上の“アエギ声”といえるセクシーな呼吸音が流れるのです。しかも走るたびに、声のリズムが早くなり、“ハァンハァン”という感じに高まっていくので、完全にエクスタシーに上り詰めていく女のソレにしか聞こえない。おそらく、男性視聴者に対する長澤の確信犯的“サービス”だと思われます」(芸能ライター)

     長澤といえば来年5月、東京・新国立劇場小劇場で上演する『ガールズ&ボーイズ』で、女優生活約20年にして初の1人芝居に挑戦することが決まっており、過激演技への期待が集まっている。
    「運命の男性と空港で出会い、恋に落ちて結婚するというストーリー。それだけに、“1人濡れ場”にも挑むとみられており、エアディープキスやエア腰フリセクシーを披露すると予想されています。演技力に加え、Fカップと美脚が売りの長澤のことですから、当然、ランジェリーでの“ギリギリ露出”やTバック、ガーターベルト姿なども期待できそうです」(演劇記者)

     長澤は今年1月公開の木村拓哉主演映画『マスカレード・ホテル』でヒロインを熱演し、大ヒットにつなげた。また、昨年4月期のフジテレビ“月9”主演連ドラ『コンフィデンスマンJP』の劇場版が今年5月に公開され、こちらも大評判。三十路女優として勢いに乗っている。
    「ただ私生活では、男日照りが続いているとみられ、2014年6月に破局が報じられた伊勢谷友介以来、カレ氏が不在という空白期間が続いているようです。かつては『嵐』の二宮和也や小栗旬ら、そうそうたる男たちと浮名を流しましたが、みな別の女性を作ってしまった。そんなイライラをぶつけるように、来年以降の長澤は、三十路エロスを全開にしてくると考えられますね」(芸能プロ関係者)

     セクシー路線へ全力疾走。期待大だ!


    (出典 Youtube)

    ソース
    https://wjn.jp/article/detail/0017446/


    【「芸能」大興奮! 長澤まさみ “アエギ声付き爆乳激揺れ映像!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ