ニュース満腹食堂

いろんなジャンルの最新ニュースを掲載します。

    2019年11月


    容姿がダチョウ倶楽部のリーダーである肥後克広と似ていることから、中村・肥後共にネタにしている。2004年にドリカムが主演及び原案を担当した映画『アマレット』では、肥後がドリカムの中村正人を演じている(ドリカムの2人は「ドリカムのそっくりさん」という設定で出演)。これは中村本人のたってのオファーによって実現したもので
    13キロバイト (1,467 語) - 2019年9月25日 (水) 10:11



    (出典 pimg.awa.io)


    期待したい!!!

    1 牛丼 ★ :2019/11/29(金) 21:53:46.18 ID:bmwkuU5P9.net

    11月14日にNHKが発表した大みそかの「紅白歌合戦」の出場歌手に、ファン待望の「DREAMS COME TRUE」の名前はなかった。

     担当プロデューサーは「今年の活躍、世論の支持、番組の企画・演出を考えた」と、選考理由を明かしたが、「パプリカ」を歌うFoorinや菅田将暉(26)、日向坂46など、予想通りの初出場歌手の名前が並ぶ一方で、昨年初出場で、今年も大活躍の米津玄師(28)やあいみょん(24)、朝ドラ「なつぞら」の主題歌「優しいあの子」を担当したスピッツの名前はなかった。

     加えて、往年の紅白ファンを落胆させたのが、いわゆる“返り咲き組”が全くいない点だ。

    「昨年は、『U.S.A.』をヒットさせたDA PUMPが16年ぶりに返り咲き、松任谷由美さんが7年ぶり3度目の出場を果たしました。今年は誰になるのかと、紅白ウオッチャーの間で予想合戦がヒートアップ。小林幸子さんを筆頭に、倉木麻衣さんなどの名前も上がっていましたが、一番期待されていたのは、やはりドリカムです」(芸能ライターの弘世一紀氏)

     ドリカムは過去に2度も紅組のトリを務めたが、最後に出場したのは2013年のこと。昨年は朝ドラ「まんぷく」の主題歌を歌ったことで、返り咲くと見る向きもあったが出場しなかった。

     そんなドリカムの紅白出場が再び取り沙汰されるようになったのが、今年夏頃のことだ。

    ■デビュー30周年の節目に西川が17年ぶり合流

    「現在、吉田美和と中村正人の2人で活動しているドリカムですが、今年はデビュー30周年を迎えた節目の年であり、4年に1度の全国ツアー『ドリカムワンダーランド』の注目度が高まっていました。そんな中、北海道出身の彼らは7月27日に札幌ドームで凱旋コンサートを行い、その前夜祭イベント『ドスコ』のステージにサプライズゲストとして、17年前に脱退した西川隆宏が登壇したのです。

     これは本当に驚きました。西川は02年に、音楽性の違いを理由にドリカムを脱退しましたが、それはあくまで表向きの理由。彼にはそれ以前から薬物使用の疑惑があり、その件で一部マスコミが取材を進めていた矢先に脱退し、直後に覚醒剤取締法違反で逮捕されたのです。そのため、実際はクビになったのではないか、というのが大方の予想です。06年に再び同罪で実刑判決を受け、完全に表舞台から消えたのです」(前出の弘世一紀氏)

     以来、ドリカム3人の再結成は不可能だと思われていたのだが、「ドスコ」に登場した西川をファンは大歓迎で迎えた。こうしたファンの反応に、“3人のドリカム”に懐疑的だった吉田の気持ちも軟化したらしい。そこにすかさず反応したのが、NHKだったという。

    「大好評だった今年の朝ドラ『なつぞら』の舞台は北海道でした。20年東京五輪のマラソンと競歩も札幌開催に決まりました。北海道出身のドリカムが結成30周年を機に3人で再スタートとなれば、宣伝効果は絶大です」(NHK関係者)

    ■過去の逮捕歴や噂のあるミュージシャンも厳しい

     NHKは恐らく年末ギリギリまで交渉し、特別枠という形での出場も模索していることだろう。つまり、現時点では米津玄師やスピッツの出場も諦めていないということだ。

     とはいえ、今年の選考は、ここへ来て明らかに例年とは違ってきている。その原因は、沢尻エリカ容疑者(33)の逮捕だという。

    「マスコミ各社の報道を見ると、今年の夏頃から“沢尻逮捕”の噂が流れていたようです。もちろん、取材力のあるNHKの一部関係者にも情報は伝わっていました。しかし、今年は『いだてん』のピエール瀧の逮捕があったばかりですし、すでに撮影が始まっていた『麒麟がくる』の主演級の女優が薬物に関与しているとは、本気で信じることができなかったようです。それが覆ったわけですから、この一件で紅白出場歌手の“身体検査”も厳しくなることは間違いありません」(前出のNHK関係者)

     NHKの木田幸紀放送総局長は20日の会見で「出演者の身体検査強化を検討する」と言及。当然、これから交渉に当たる紅白特別枠出場者にもその影響は及ぶことが考えられる。

    「ミュージシャンの薬物に関する噂は多い。本番まで1カ月余りとはいえ、楽観はできません。そういう意味では、過去に薬物事案で問題を起こしたり、噂があったミュージシャンの選考には慎重にならざるを得ないのです」(前出の弘世一紀氏)

     沢尻容疑者の影響はこんなところにも及んでいる。ドリカムファンは怒った方がいい。

    https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_590297/


    【【芸能】ドリカム3人再結成❗️NHK紅白出場も…西川の薬物逮捕と沢尻氏逮捕で消滅】の続きを読む


    ナインティナイン(ないんてぃないん、英: NINETY-NINE)は、岡村隆史と矢部浩之からなる日本のお笑いコンビ、司会者。1990年結成。吉本興業(東京本社)所属。略称は「ナイナイ」「99」「NN」。お笑い第四世代の代表格に数えられる。 岡村隆史(おかむら たかし、1970年〈昭和45年〉7月3日
    47キロバイト (6,489 語) - 2019年11月17日 (日) 14:09



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    テレビで見かけないですねー

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/11/30(土) 06:37:08.82 ID:GybWDySt9.net

    昨年3月の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)終了以降、コンビそろってのレギュラー番組が『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)のみとなっている『ナインティナイン』。さらに、メディアで活躍するのは岡村隆史ばかりと、矢部浩之の芸能活動が危機的状況に陥っている。

    現在、「ぐるナイ」が唯一のコンビレギュラー番組となっている2人だが、同番組は看板コーナーである「グルメチキンレース ゴチになります!」の放送がほとんど。しかし、同コーナーを〝クビ〟になった矢部は、VTR出演やかぶり物で飲食店に数分登場することしかなく、コンビそろって出演するような場面はほとんど見られていない。

    個々の活動でいうと、岡村はローカル局を含めて4つのMC番組を持ち、矢部も『やべっちFC』(テレビ朝日系)、『アウト×デラックス』(フジテレビ系)などでMCを担当。また、最近の岡村は俳優業に力を注いでおり、11月22日には堤真一とのダブル主演映画『決算!忠臣蔵』が公開、来年からは大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)にも出演するなど、既に2人には互いにピン芸人のような状態になっている。

    個人活動の増加で無能さが露呈した矢部
    『ウッチャンナンチャン』や『とんねるず』のように、大御所になったお笑いコンビが個々の活動に走るのはよくあること。しかし「ナイナイ」はこのままの場合、岡村がタレントとして1人勝ちとなり、一方の矢部は消滅状態に陥っていきそうだという…。

    「『めちゃイケ』終了により『ナイナイ』が事実上コンビでの仕事を失ったのは事実。個々の活動に移行するのも必然的な流れですが、ピンでの活動となると、当然ながら地力の差がハッキリと現れます。岡村は『おかべろ』や『チコちゃんに叱られる!』などの人気番組MCを務める他、映画主演や大河出演も果たし、マルチな才能を発揮中。一方の矢部は趣味のサッカーを生かした『やべっちFC』がマッチしているくらいで、『アウト×デラックス』はMCとしての無能さが露呈するあまり、後輩の山里亮太にその座を奪われてしまっています。思えば5年前、コンビでやっていたラジオ『オールナイトニッポン』も岡村ピンの番組に変わりましたし、もはや矢部が〝業界需要ナシ〟であることは明白になってきているでしょう」(お笑いライター)

    岡村のおかげでカバーできていたものの、ピンでの活動によりその〝力不足〟が露呈してしまった矢部。もともと、岡村の影に隠れて〝じゃない方芸人〟のような扱いを受けていたことを考えれば、こうなるのは時間の問題だったのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2096916/
    2019.11.29 17:30 まいじつ

    ★1が立った日時:2019/11/29(金) 21:11:10.21

    前スレ
    【芸能】『ナイナイ』矢部がテレビ消滅危機!? ピン仕事で岡村との格差クッキリ!
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575029470/


    【【芸能】消滅状態!!!『ナイナイ』矢部が!?】の続きを読む


    アンタッチャブルは日本のお笑いコンビである。略称「アンタ」。所属事務所はプロダクション人力舎。爆笑オンエアバトル第6代チャンピオン、2004年M-1グランプリ王者。 山崎 弘也(やまざき ひろなり、 (1976-01-14) 1976年1月14日(43歳)- ) ボケ担当。埼玉県春日部市出身。 柴田
    27キロバイト (3,676 語) - 2019年11月29日 (金) 18:02



    (出典 refinelifekaz.com)


    笑えます!!!

    1 Egg ★ :2019/11/30(土) 01:45:48 ID:ay/Cw0s59.net

    お笑いコンビ、アンタッチャブルが29日、フジテレビ系「全力!脱力タイムズ」(後11・00)で約10年ぶりに復活した。番組には柴田英嗣が冒頭から単独で出演。途中から相方の山崎弘也が登場し、柴田は知らされていなかったようで「うわー!」と驚いて絶叫。即席漫才をファンに届けた。ネット上はコンビの復活に興奮。「アンタッチャブル」がトレンドワードの1位となった。

     ネット上には「アンタッチャブル復活。 脱力タイムズで初めて感動した」「アンタッチャブルまじかよおおおおおお」「アンタッチャブル…久しぶりに漫才を見た やっぱり面白い…」「アンタッチャブルよかったなー」と感動の声が続々。

     「プロポーズで柴田が笑い*やつめっちゃ好き! 有田が嬉しそうなのがいいですねー」「マジで漫才したのか! めっちゃ笑ったし終わったらなんか泣いちゃったよ」「アンタッチャブルはマジで好きだったからなー」「アンタッチャブルまじかよおおおおおお」「ザキヤマさんの怪物っぷりは間近で見てるから知ってたつもりだけど、2人そろうと桁違いだな」とコンビとしての存在の大きさに驚く声が見られた。

    11/30(土) 0:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00000131-dal-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】大興奮!<アンタッチャブル復活にネット興奮>トレンドワード1位に!「まじかよおおおおおお」「2人そろうと桁違い」】の続きを読む


    西野 七瀬(にしの ななせ、1994年5月25日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレントであり、女性アイドルグループ乃木坂46の元メンバー。『non-no』専属モデルである。大阪府出身。身長159 cm。血液型はO型。兄は俳優の西野太盛。乃木坂46合同会社所属。愛称は、なぁちゃん、ななせまる。
    84キロバイト (11,341 語) - 2019年11月28日 (木) 15:49



    (出典 entame777.info)


    大変だ!!!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/29(金) 21:16:18.55 ID:EAqODmvB9.net

    西野七瀬が11月27日放送の「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演し、虫を退治するために、マネージャーを呼び付けたというエピソードを明かした。

    “恋人と家事を分担するか”という話題へトークが及んだ際、女優の長谷川京子から「もし家にゴキブリが出たらどうする?男の人にお願いする?」との疑問があがると、西野は「マネージャーさんを呼んだりします」と答え、実際に呼んだことがあるとも告白。

    続けて、長谷川が「ゴキブリを逃がす前に来てくれたんだ」と西野へ振ると、「はい、ずっと見てたんで」と見失わないために逃げないよう見張り続けていたことを説明するも、後に長谷川がゴキブリだと思っていたのが、実際にはてんとう虫だったとわかり、「え?てんとう虫で(マネージャーを)呼んだの?」と周囲も西野のエピソードに驚いていた。

    「西野はゴキブリだけでなくてんとう虫も“めっちゃダメで、すごく苦手”だと弁明していましたが、てんとう虫が1匹出ただけで家まで呼び出されてしまった形の西野のマネージャーにはネット民は少々ザワついて、『マネージャーって大変な仕事ですね』といった同情の声や、中には、マネージャーを便利屋扱いしているのではないかという意見も見られました。ただ、この出来事が西野の乃木坂46時代のエピソードなのかどうかわかりませんが、アイドル時代であれば、マネージャーは担当アイドルの寮や自宅の近くに住んでいるケースも珍しくないですから、そうした事情を前提に呼んだ可能性もありますね。いずれにせよ、ゴキブリ以外に、てんとう虫が苦手というのは、いかにも、やや引っ込み思案な性格とも言われる西野らしい気がします」(テレビ誌ライター)

    乃木坂時代には凄まじい人気を誇っていた元トップアイドルの西野だけに、“危ない虫”に付きまとわれるよりはてんとう虫のほうがまだマシだったと言えるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/2096922/
    2019.11.29 17:58 アサ芸プラス


    【【芸能】てんとう虫? 西野七瀬、出現で自宅にマネジャー呼んだ」告白に視聴者ザワッ!】の続きを読む


    土屋 太鳳(つちや たお 、1995年2月3日 - )は、日本の女優である。 東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 2005年、角川映画、ソニーミュージック、Yahoo! JAPAN が合同で実施したスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスにて審査員特別賞を受賞。同オーディションの受賞者の中では最年少。
    82キロバイト (10,819 語) - 2019年11月22日 (金) 04:57



    (出典 orionfdn.org)


    まーねー!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/29(金) 15:19:43 ID:TF1OP49A9.net

    11月28日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に、女優の土屋太鳳の姉で今年の『ミス・ジャパン』初代グランプリを獲得した土屋炎伽(ほのか)さんが出演した。
    土屋家のルールを明かして「真面目な家族だ」と評価された炎伽さんだったが、アンチからは「そんな生活を送ると息苦しくなる」などと、呆れる声が相次いだ。

    「誕生日は全員でお祝い」「日本代表の試合は全員で応援」
    番組には炎伽さんと出川哲朗がゲスト出演。土屋家の3つの?掟?を紹介するコーナーでは、「どんなスポーツでも日本代表の試合は一家で必ず応援する」と明かした。
    「スポーツには人生そのものが詰まっている」との考えから、学校のテスト前でも一家で必ず見たという。

    この他、今でも七夕で短冊に全員?願い事?を書くといい、誕生日も全員でお祝いするなど家族の結束の強さをアピール。十五夜も月を見ながら家族で過ごすようだ。
    「体が資本」との考えから、弟を含めたきょうだい3人ではトレーニングの話で常に盛り上がっているという。

    この日、櫻井翔らも一家のルールを明*など?家族ネタ?が中心となった同番組。視聴者からは炎伽さん、太鳳姉妹の仲の良さや、炎伽さんの美貌を称える声が続出した。

    《土屋炎伽さんと土屋太鳳さんって、本当に声が似てるよね》
    《美し過ぎてびっくりしてる、、何て品があるんだろう、、》

    一方、この日炎伽さんが明かした?家族の掟?には首をひねるネットユーザーも。姉のテレビ出演を煙たがる声も続出した。

    《息つくときあるのかね? いい子ちゃん過ぎて息苦しい》
    《十五夜の月を必ず見るとか、七夕の行事を大切にするとか、土屋家はまるでどこかの名家みたいだなぁ…。良いことだと思うけど…》
    《めんどくさい家族だな… 》
    《妹ネタでテレビ出てくるなよ》
    《ぶりっこ姉妹痛いわ》
    《セットであやかって売ってる感じしてつまらない気がしちゃう》

    太鳳のアンチは、その家族までウザく感じるようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2096452/
    2019.11.29 11:00 まいじつ


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】アンチ? 土屋太鳳の“家族ルール”に疑問の声「息苦しい」「どこかの名家」】の続きを読む

    このページのトップヘ