(出典 akb48senbatu.com)


これは、危険じゃない?

1 Egg ★ :2019/02/02(土) 07:51:57.01 ID:VDZ0CuEi9.net

NGT48の暴行事件は、問題の本質がなにひとつ明らかにならないまま、風化の一途をたどっている。

 山口真帆はこの先同じように危険な目に遭うメンバーを出さないために勇気ある内部告発を行ったと考えられるが、AKSおよびNGT48運営側はその告発を重く受け止めてはいないようだ。どころか、運営の対応からは、この話題の進展を遅らせて風化するのを待ち、そのまま有耶無耶にしてしまおうという意図が透けて見える。

■NGT48暴行事件の元凶は「モバメ」?
 
今回の問題からは、これから解決しなければいけない課題がたくさん炙り出されているが、そのなかのひとつが「ファンとタレントの距離が近くなった2010年代のアイドル業界において、事務所はどのようにしてタレントを守るか」という課題だろう。

 その点を考えるうえで重要な要素として、「モバイルメール(通称:モバメ)の返信制度」の存在がある。

 これはAKB48グループのファンや乃木坂46のファンにはおなじみのサービス。メンバー1名につき月額300円を払えば、メンバーから文章や写真が携帯電話のメールアドレスに直接届くというもので、いわば「ブログがメールに配信されてくる」といったかたちのコンテンツなのだが、メールなのでこれに返信することもできる。

 有料コンテンツのためツイッターやインスタグラムに比べると返信数が少ない。そのため、メンバーもモバメの返信には熱心に目を通していることが多く、モバメで返信した内容について握手会で話すことができるとファンには人気のサービスだ。

 たとえば、インターネット上には、<メールの返信て思ったよりガッツリ読まれてるんだね メールの返信のこと言われて顔から火が出るほど恥ずかしかった ちょっとガチ恋気味な返信送ってたから メンバーはニヤニヤしてたけど>や、<あんまり読まれてること意識しないで書いたガチ恋メールを握手会で言われると、 かなり恥ずかしいけど、なんか特別な関係を築けたみたいな錯覚には陥る なかなかうまい商売だよね>といった感想がある。

モバメの返信メールがメンバーに届いているかどうかは、グループによってルールが異なっているようで、HKT48の場合はメールに直接返信するのではなく、ツイッターの投稿にハッシュタグを付与してリアクションする文化があったりもする(指原莉乃の「#345mail」など、メンバーごとに返信用のツイッターのハッシュタグが決まっている)。

 そんなモバメだが、NGT48に関しては、こんな話があるようだ。

「あくまで噂ですが、NGTに関してはモバメの返信にスタッフの検閲がないと言われ続けてきました。ただ、たとえそれが噂に過ぎなかったとしても、検閲が雑だったら、縦読みにしたりとか、2人にしかわからない暗号を用いたりとか、スタッフにバレないかたちで個人情報を忍ばせることは可能ですし、悪意をもってサービスを利用している人が、『推しに応援メッセージを送りたい』という本来の目的とは違う利用の仕方をすることは可能だと思いますね」(AKB48グループに詳しいアイドルファン)

 こういった噂が出るのには理由がある。NGT48に所属するメンバー自身がモバメの返信を見ていることを明かしており、しかも、かなりリアルタイムに近いスピードで見られると語っているからだ。たとえば、動画配信サイト・SHOWROOMでは過去にこんな発言が見られる。

<返信はね、たぶん2、3分後ぐらいで届くんじゃないかな。美南のとこに。きっと。たぶん。返信見れるよ。返信見てたよ、さっき。楽しかった。『いま起きたよ』とか『握手会で疲れて寝てた』とか>(加藤美南/2017年の配信)
<メールの返信は(午後)9時46分までにお願いします。そしたら、今日中に読めます>(荻野由佳/2016年の配信)

 メンバーによって発言に差があるが、22時前に来たメールが即日でメンバーに届くということは、たとえスタッフの検閲があるとしても、そこまで厳しい精査ではないことが予想され、少し工夫した書き方であれば、検閲を突破できる可能性は高いだろう。

モバイルメールの返信はツイッターやインスタグラムの通常リプライとは違い他の人の目に晒されないため、かなり踏み込んだことを書くことができる。たとえ検閲で弾かれても、それを目にするのはスタッフだけであり、メンバーと一線を超えた交流をしようと画策する者にとってはリスクが少ない(かなり悪質だと出禁になる可能性はあるが)

2019.01.31 ウェジー
https://wezz-y.com/archives/63309/2

写真

(出典 wezz-y.com)