ニュース満腹食堂

いろんなジャンルの最新ニュースを掲載します。



    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    そういう話なんだー!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/11(月) 12:42:20.62 ID:kMxU9Vaf9.net

    今年の放送より、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー「ゴチになります」に、女優の土屋太鳳とお笑いコンビ『千鳥』のノブが加わっている。
    即戦力となって活躍している2人だが、そもそも土屋の“あの疑惑”はどこにいってしまったのだろうか…。

    昨年11月、一部ネットニュースメディアが、土屋の熱愛疑惑を伝えた。相手は「誰もが知るベテラン芸人」で、報道された段階で既に半年ほど交際をしているというものだった。

    「すぐに何人かの名前が浮上し、相手は明石家さんま、今田耕司、岡村隆史、『南海キャンディーズ』山里亮太に絞られました。
    この4人はかねて土屋への好意を口にしており、独身かつ“誰もが知るベテラン芸人”に当てはまります」(週刊誌記者)

    そんな中で、土屋は岡村と共演する「ゴチ」のレギュラー出演者になった。

    「この共演は、岡村の強い希望があったとのウワサです。
    というのも、以前『ゴチ』にレギュラー出演していた佐々木希に岡村はガチ惚れしていたのですが、顔面格差から躊躇してしまい、その間に後輩の渡部建に取られたという苦い過去がある。
    そこで今度は、憧れの土屋とレギュラー共演し、『本気で狙おう!』となったわけです」(芸能ライター)


    アンチの批判も気にせず土屋を起用
    岡村が土屋にデレデレなのは、「ゴチ」を見ていてもよく分かる。

    「今田耕司が自身の冠番組『アナザースカイ』(日本テレビ系)で、お気に入りの女優・中条あやみを異例の長期起用しているように、ベテラン芸人には相応の権力があります。
    岡村にとっての“中条枠”が、土屋というわけです」(同・ライター)

    土屋の起用はアンチから批判が続出したが、番組ではお姫様のような扱いだ。

    「岡村は本気で土屋を落とすつもりかと。正月には、一部スポーツ誌に報じられた関西在住の一般人女性との熱愛報道を『全然何にもない』と否定しており、現在はフリー。
    独身仲間の今田とともに、2019年は大物若手女優を2人して落とそうと励まし合って頑張っているみたいですよ」(テレビ局関係者)

    土屋と岡村が交際したら、意外と祝福されるカップルになりそうだ!

    http://dailynewsonline.jp/article/1687914/
    2019.02.11 11:02 まいじつ


    【【芸能】岡村が! 土屋太鳳『疑惑』…「ゴチ」レギュラーに決まった裏の理由とは】の続きを読む



    (出典 d2wi3xvhr3qrd7.cloudfront.net)


    楽しそうでしたね!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/02/11(月) 07:14:29.61 ID:tdpyer1g9.net

     サザンオールスターズ・桑田佳祐(62)が旗振り役となって創設されたボウリングの公式大会「KUWATA CUP 2019~みんなのボウリング大会~」の決勝大会が10日、東京・渋谷ヒカリエホールで行われた。

     桑田は「自称・コミッショナー」として、妻の原由子(62)と共に始球式。開会宣言や女子プロボウラーとのエキシビションマッチなどで600人の観客を熱狂させた。

     ライブ会場のような雰囲気だった。芸能界屈指の実力派・村田雄浩(58)と「渡る世間にG★スポッターズ」を結成し、姫路麗プロ(40)、名和秋プロ(39)による「悩殺美人女子プロボウラーズ」とキスを賭けたガチンコ対決。手拍子と「桑田さ~ん」の掛け声が飛ぶ中、第9フレームで3連続ストライクとなるターキー。「マンピーのG★SPOT」のBGMと歓声にノリノリで応え、ガッツポーズも飛び出した。

     自身のスコアは178。407対378で惜しくも敗れたが、見せ場は作った。桑田は「次があれば、ね。何とかスタッフと検討させていただきます」と、来年の第2回開催も示唆した。

     中学3年時から競技を始め、高校時代には、ボウリング場でアルバイトをしながらプロボウラーを目指した時期もあったという桑田。16年、親交のある矢島純一プロ(73)から還暦祝いにマイボール、マイシューズをプレゼントされたことを機に、ボウリング熱が再燃した。週3、4回のペースで腕を磨き、昨夏には非公式ながら299点の自己ベストをたたき出した。

     音楽以外でも日本を盛り上げたい―という思いから実現した今大会はプロ、競技アマ、一般アマ、ジュニアアマの4部門で行われ、予選会は昨年11月から全国501か所で実施。この日はヒカリエに特設レーンが設置された。実行委員会の一人で、プロボウラーの東海林忠勝氏(60)は「ジャパンオープンでも、平均500人ぐらい集まればいい。それが3万人も集まった。これまでにないこと」。参加者が60倍に跳ね上がった“桑田効果”に感謝した。

     開会宣言では「ここで一句。ピンを倒せばボウリング。そだねーと言えばカーリング。アハンアハンはペッティング(笑い)。幸せ運ぶはペアリング。土木工事もボーリング」と桑田節を披露したが、表彰式では一転、愛するボウリングへの思いを口にした。

     「今後、ボウリングの人気が復活してもう少し安い値段で、一般の人も楽しくプレーしていただきたい。愛すべきボウリング場に、多くの人が足しげく通ってほしい。私ももっとボウリングが上手になりたい…。また(KUWATA CUPを)開催できたら夢のよう。スタッフにも相談させていただきます。何かお役に立てることがあれば、喜んで協力させていただきたい。それが私の本望でございます」と告白。「近い将来(野球の)大谷翔平や(テニスの)大坂なおみ、(将棋の)藤井聡太のような実力も人間性も優れた選手たちが、少しでも多く世の中に認知されることを祈り、ボウリングがどんな社会貢献をすれば良いのかを、ボウリング界の皆さんと共に考えていきたい」と話した。

     総立ちのフィナーレ。大盛り上がりの中、大会公式ソング「レッツゴーボウリング」の熱唱で締めた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)


    2/11(月) 4:00配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010001-spht-ent


    【【芸能】話題! 桑田佳祐ボウリング大会「KUWATA CUP」開催…「渡る世間にG★スポッターズ」として女子プロと激戦】の続きを読む



    (出典 img.ananweb.jp)


    ついに動く!

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/02/10(日) 19:28:57.29 ID:wPs1VwII9.net

    2019.02.10
    https://smart-flash.jp/entame/62193

    (出典 data.smart-flash.jp)


    「本来、グループの解散をいちばん嫌うのがジャニーさんです。自ら苦労して作ったんですから。今回、嵐の活動休止を許した背景には、2019年立ち上げたある会社があります」
    作家の小菅宏氏はそう話すと、1月15日に設立されたばかりの会社「ジャニーズアイランド」の名を挙げた。社長は2018年いっぱいでタレントを引退した滝沢秀明氏(36)だ。

     4月に新著『異能の男 ジャニー喜多川~悲しき楽園の果て~』を発表する小菅氏は、古くからジャニー喜多川社長(87)と親交がある。
    「ジャニーさんが出資して作ったこの会社は、ミュージカルや舞台を通じてスターを育てるという、いわばジャニーズ事務所の創業理念を追求する会社です。その社長に、ジャニーズJr.時代から長年舞台に立ち続けてきた滝沢くんを据えました。
    近年のジャニーさんの関心はほぼ、この会社を成功させることにあります」(小菅氏)

     そこに、活動を休みたいと言ってきたのが大野だ。大野を嵐に引き入れたのは、ジャニー氏本人だった。
    「大野くんの歌やダンスは、群を抜いていた。当時、京都の舞台に出るなど、関西での活動に満足していた大野くんを口説き、あえてグループに入れました。
    その大野くんが20年頑張ってくれて、休みたいと言っている。しかも、自分の関心はすでに新会社にある。条件が重なり、首を縦に振ったのです」(同前)

     ジャニーズの信念を滝沢社長に託して、一方でジャニーズ事務所では「第2の嵐」を育てる。現在の活躍ぶりから見て、もっとも近いのは関ジャニ∞だが、平均年齢は嵐とほぼ同じ30代半ば。
    次世代へのバトンタッチとなると、最右翼は19歳から23歳までの若手6人組、キンプリこと「King&Prince」だ。 
    「事務所を挙げて、キンプリの売り出しに力を入れている。その名のとおり、若くキラキラした王道のアイドルグループだ。2018年末には『紅白歌合戦』に初出場を果たした。
    歌やパフォーマンスはすでに評価されているが、ポスト嵐になるには、個々での活躍が必須。俳優業やバラエティ番組でのトークなど、1人ひとりに高い総合力が求められる」(芸能プロ関係者)

     さらにジャニー氏には、芸能人生の集大成ともいうべき秘策があるという。
    「東京五輪が開催される2020年、ジャニーさんはアメリカにオフィスを構える予定と聞いています。アメリカで通用する『ジャニーズミュージカル』を作るのです。温めてきた計画が、ついに具体化しつつあります」(小菅氏)

     嵐が作ったジャニーズの歴史は、遠く海の向こうへ。

    (週刊FLASH 2019年2月19日号)


    【【芸能】アメリカ進出! 動き出す「滝沢ジャニーズ」】の続きを読む

    このページのトップヘ